ヘルスケア・ダイエット

ぽっこりお腹やタレ尻...ボディの崩れは骨盤のゆがみが原因!?

ぽっこりお腹やタレ尻...ボディの崩れは骨盤のゆがみが原因!?

ボディラインを作る重要なポイントといわれる骨盤。内臓を支える大切な役目を担っている骨盤がゆがんでしまうと、連動している筋肉がねじれたり、内臓が下がってしまい、ぽっこりお腹になったり、お尻が大きくなったりと、太って見える原因になるそう。では、なぜ骨盤はゆがんでしまうのでしょうか?

ゆがみの原因は生活習慣

女性は元来、生理やホルモンの影響で骨盤が動きやすいため、動作のクセや偏った姿勢によって骨盤がゆがみやすいと言われています。脚を組んで座る、バッグをいつも同じ側で持つ、デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいることが多い人などは、ゆがみを引き起こしやすいタイプなので、習慣を見直す必要があるでしょう。

これってゆがみの兆候かも!?

  • 歩いているとスカートが回ってしまう
  • 左右の靴のすり減り方が違う
  • 肩ひもが落ちやすい
  • 腰の高さが左右で違う
  • 仰向きで寝るのが苦手

当てはまる項目があった人は、骨盤がゆがんでいる可能性が! 身体の左右のバランスが崩れている証拠です。

日常生活に気をつけるだけで、ゆがみにくくなる!

まずは左右の筋肉を均等に使うことが第一です。上のチェックリストに当てはまる項目があった人は、バッグを持つ手を変えてみたり、脚を組むのをやめるなど、左右どちらかだけに負担をかける習慣を見直してみましょう。また、円を描くように腰を大きく回したり、上半身を前後に倒したりする簡単なストレッチで、骨盤まわりの筋肉をほぐしてみましょう。

骨盤が狭い=やせている、ではない

やせるためには骨盤を狭くすればよいと思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。それどころか、骨盤が狭くなるとウエストのくびれがなくなり、お腹全体が前に出やすく内臓脂肪もたまりやすくなってしまいます。逆に、ゆがみが進行し骨盤が広がりすぎると、骨格を維持するのが難しく、疲れやすくなったり身体が冷えやすくなったりすることも。その人の骨格に合ったゆがみのない骨盤を手に入れることで、全身のバランスが整いやすくなるんですね。

美しい身体は骨盤から。毎日の習慣を見直して美ボディを手に入れましょう!

(参考文献)山田 光敏 モテ脚骨盤ストレッチDVDレッスン (主婦と生活 生活シリーズ)

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。