ヘルスケア・ダイエット

森林浴が効果的?人間関係のストレスにも効く「緑色」

森林浴が効果的?人間関係のストレスにも効く「緑色」

こんにちは。カラーセラピストの嶋田です。
風が心地よく、公園や遊園地などにお出かけするのにはもってこいの季節になりましたね! 芝生でランチをしたり、寝ころんだりするのは本当に気持ちがよく、私は大好きです。今回は、そんな自然の色「緑色」に注目してみました!

緑色のキーワードは「リラックス」

人の目にとまりやすく注意を促す色の代表格である「赤」や「オレンジ」は目にパッと瞬間的に入ってきます。信号の「止まれ」が赤色なのは、そんな理由からなのですね。
それに対して、目にとまりにくいのは「紫」や「青」といわれています。虹を見るとわかるように、緑色はちょうどその中間に位置するバランスをとる効果のある色。遠くの木々や公園の植樹の緑色を見ると、気持ちの平衡がとれていつしかリラックスした気持ちになります。

「心のバランスをとる」のにも効果的な緑色

緑色は心と身体、相手と自分、仕事とプライベート、など、対極にあるもの同士の「バランスをとる」「調和する」ことを促すための架け橋になる色

「心と身体が休息を求めているのに、忙し過ぎる」「彼にいつも合わせてばかり」など、ストレスを感じるのはさまざまな「偏り」が原因だと考えられます。仕事のことばかり...お金のことばかり...彼のことばかり...など、自分らしさを見失ってはいませんか?

ストレスを感じているときは呼吸が浅くなり、心拍数も上がってしまいます。そんなときは、木々の緑に囲まれた芝生の上で、緑色を体中に吸い込むようにして深呼吸するといいでしょう。緑色は目にも優しく、仕事や他人のことばかりに偏ってしまう生活のバランスをとり、自分らしさを取り戻すように働きかけてくれます。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

嶋田佑紀

嶋田佑紀

センセーションカラーセラピスト

合同会社emo代表。キャリアに係る教育と支援事業ならびにカウンセリング事業を展開。カラーセラピーを取り入た、浄化、気づき、動機付けへとつなげる色彩カウンセリングを実施。「アートセラピーの会」「カラーセラピーとカラフルフードを楽しむ会」等、色を活用した心と体を健康にするイベントも開催している。著書に『なりたい自分になれる しあわせ色ごはん』(幻冬舎ルネッサンス)。http://www.emo-lab.jp/ https://www.facebook.com/emo.lab.official

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。