ヘルスケア・ダイエット

今が旬の天然サプリ!美肌を引き寄せるさつまいもセレクション

今が旬の天然サプリ!美肌を引き寄せるさつまいもセレクション

いまが旬のさつまいも。甘さやホクホクした食感は、女子にとってたまらないもの! でもこのさつまいも、じつは美を作る天然のサプリメントでもあるんです。この秋は、甘~いさつまいもをおいしく食べて、ついでにキレイになっちゃいましょ?

美肌を引き寄せるビタミンCが豊富なさつまいも

夏のダメージが蓄積しているため、秋はシミやしわの予備群がたくさん。そんな時にオススメなのがビタミンC。シミのもとであるメラニンの生成を抑えてくれるほか、肌の弾力のもとであるコラーゲンの生成を助けてくれる成分です。さつまいもにはそんなビタミンCがたっぷりなのです。

さつまいもに含まれるビタミンCは熱に強いのも特徴。茹でても焼いても壊れないので、さまざまに調理できるのもうれしいところです。食物繊維もたくさん含まれているので、便秘解消にも効果的。

レンジでできるキレイのおやつ「ふかしいも」 

さつまいもを手軽に食べるのなら、なんといっても「ふかしいも」がオススメ。電子レンジでできるので、ぜひお試しを!

  1. さつまいもを水で洗い、水分はそのまま、皮付きの状態で、シリコンスチーマーなどに入れる
  2. 電子レンジで6分ほど加熱する

スチーマーがなければ、キッチンペーパーを濡らして巻いてお皿に置き、ラップをしてもOK。6分で固ければ、様子を見ながら少しずつ加熱してみましょう。

皮を剥いてしまうとさつまいもの表面が乾燥してしまうので、必ず皮付き、そして濡らしてからチンして下さいね。

手を汚すのが嫌な人は、スプーンで中をすくいながら食べても良し! 甘さが足りない場合ははちみつやバターをかけて食べても良し! ぜひ、自分の好みのさつまいもを見つけて、おいしく美活しちゃいましょう。

今が旬!さつまいもコレクション

さつまいもと一言で言っても、実はいろいろな種類があって味も食感もまったく違います。毎日食べても飽きがこないように、スーパーで手に入るさつまいもの種類と特徴をご紹介しましょう。

紅あずま

関東地方ではおなじみで、よく目にする品種。中身は鮮やかな黄色。加熱するほど甘くなります。ホクホクとしっとりの中間の食感です。

安納芋

通販番組などで一時期話題になった種子島の特産物。少しレアなお芋でしたが、最近はスーパーでも見かけます。中身は黄金色で特に甘味が強く、ねっとりとしています。しっとり食感派にオススメ。

紅はるか(紅ゆうか)

中身は黄色で紅あずまのようですが、安納芋くらいの甘味を感じます。甘いのは好きだけどねっとりは嫌、甘くてしっとりホクホクが好きな方にオススメ。

鳴門金時

徳島の特産で、関西では多く出回っています。生の果肉はクリーム色ですが、これを焼くなど加熱すると黄色くホクホクとした甘いいもに仕上がります。他のおいもに比べて上品で控えめな甘さです。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

豊田愛魅

豊田愛魅

管理栄養士

東京家政大学卒業後、オーガニックカフェにて、管理栄養士としてメニュー開発を行う他、テレビショッピングなどにも出演。 人にわかりやすく伝える事を得意とし、誰でもマネ出来るズボラレシピや美容法が大人気。現在は美容ライターとして食や美容のコラムを執筆する他、雑誌、TVなど各種メディア出演などを行っている。>>豊田愛魅オフィシャルサイト >>ブログ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。