ヘルスケア・ダイエット

ダイエット中でもOK♪飲み会で選ぶべきおつまみ&お酒はコレ!

ダイエット中でもOK♪飲み会で選ぶべきおつまみ&お酒はコレ!

女性の永遠のテーマとも言えるダイエットの悩み。「飲み会に誘われたけど、ダイエット中なんだよなぁ...」なんてパターン、良くありますよね。おいしいものやお酒は大好きだけど、やっぱり体重は気になるし、食べすぎた時の後悔はハンパじゃない...。今回は、そんなあなたに、食べ方のコツをご紹介します!

太らないおつまみはカルパッチョや枝豆

お酒を飲むと、体脂肪を燃焼させるために必要なビタミンやミネラルが、アルコール分解のために消費されてしまいます。ビタミンやミネラル(特にビタミンB群、マグネシウム、亜鉛など)が不足すると、太りやすく痩せにくい身体になってしまうそう。お酒を飲むときは、それらの栄養素を含んだ食べ物を積極的に摂り、燃焼力が下がらないように気をつけましょう!

具体的には...

  • 魚のお刺身
  • カルパッチョ
  • ミックスナッツ
  • 枝豆
  • 海藻サラダ
  • きのこの和え物

お酒は糖質の少ない焼酎やウイスキーを選ぶ

お酒には、比較的糖質が多い醸造酒と、糖質が少なめの蒸留酒があります。お酒を飲むときは、糖質の少ない蒸留酒を選ぶようにしましょう。醸造酒を飲んではダメ! ということではありませんのでご安心を。ビールなどの醸造酒や甘いカクテルなどを飲むときは、グラス1~2杯までに。何事も飲みすぎが一番ダメということですね。

  • 蒸留酒...焼酎、ウイスキー、ブランデーなど
  • 醸造酒...日本酒、ワイン、ビールなど

「締めのラーメン」はやめる

お酒を飲んだ後に、なぜか食べたくなるラーメンなどの炭水化物。お酒を飲んだ後は、身体が脂肪を吸収しやすい状態になっているので、ラーメンや雑炊、うどんなど、締めに出てくるカロリー高めの食べ物には要注意。どうしても何か食べたいときは、きのこや海藻類、または、オクラやなめこなどのネバネバ系のヘルシーな食品がオススメです。

いかがでしたか? これさえ覚えておけば、体重のことは気にせずに、飲み会を思い切り楽しめそうですね!

(参考文献)森拓郎「ダイエットは運動1割 食事9割」(ディスカヴァー・トゥエンティワン)

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。