ヘルスケア・ダイエット

「爪もみ」で冷え解消!?ガンコな冷えの根本解決法

「爪もみ」で冷え解消!?ガンコな冷えの根本解決法

寒いこの季節に限らず、一年中手足の末端が冷えている女性は少なくありません。ソックスやカイロなどで一時的に温めることはできたとしても、やはり大事なのは根本解決。一体、どうしたらガンコな冷え性を直すことができるのでしょうか。

心臓から遠い手足は、冷えやすい部位でもある!

手足が冷えるのは、運動不足や自律神経の乱れ、代謝の低下などで血流が末端まで届かないことが原因。心臓から遠い手足は、とくに血流が届きにくいところなのです。
また、身体を温める熱をもっとも多く作り出すのは筋肉。ですから、筋肉の少ない女性やお年寄りには、冷え体質の方が多いのです。

意外!?「爪もみ」が冷えを改善してくれる!?

いつでもどこでもできて、簡単な冷え解消法としてオススメなのは、「爪もみ」。手足の爪の根本から爪先に向かって親指と人差し指を使ってギュッと押していくだけ。簡単ですが、血流の折り返し地点に刺激が入ることで、末端冷えの改善に繋がります。これなら電車の中でもできますよね。ただし、薬指はだけは避けるようにしましょう。なぜなら、薬指は交感神経とつながっている指なので、ここを刺激すると血管が収縮してしまい、冷えには逆効果だからです。

お腹や太ももを温めてから、手足浴をするのが鉄則!

そのほかの手軽にできるオススメの方法は、「手足浴」です。読書や、テレビを見ながら、桶などにお湯を入れて、ゆっくりと手足を浸けるだけで、冷えは大分やわらぎます。アロマオイルを入れるとリラックス効果も高まります。

手足浴をするときに、覚えておいてほしいことが、「お腹や太もも、お尻などを先に温めておくこと」。なぜなら、お腹や太ももなどは、大きな筋肉があり、ここが冷えたままだと、筋肉の働きが悪くなり、せっかく温まった手足の血流が全身に廻らないのです。つまり、手足だけを温めていても、またすぐに冷えてしまうということです。
ですから、手足浴をするときは効果を高めるために、同時に湯たんぽなどでお腹や太もも、お尻を温めてから行いましょう。

冷えの根本解決をしたいなら、これらの手足への刺激と合わせて、発熱器でもある全身の筋肉をきちんと鍛えることも意識しましょう。
少しずつでも積み重ねることで、少しでも末端の冷えを感じずに過ごせるようになるはずですよ。

【関連記事】
カロリーゼロ=0kcalじゃない!気をつけたいカロリー表記の落とし穴
太もも&手首・足首・首・くびれ!全身の冷えをソッコー解消する温めポイント

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。