ヘルスケア・ダイエット

食べる美容液!キレイを作るオイルの種類と摂り方

食べる美容液!キレイを作るオイルの種類と摂り方

一昔前までは「油=美容の敵」と叩かれていましたが、今や美意識の高い女性ほど「油にこだわっている」のはもう常識ですね。たくさんある油、一体どうやって使い分けるのが賢いのでしょう?

ココナッツオイルに亜麻仁油、オリーブオイル。油の種類と特徴

油は大きく分けて、常温で固まる「飽和脂肪酸」と常温では液体状態の「不飽和脂肪酸」に分けられます。
不飽和脂肪酸は主となる脂肪酸の種類によってオメガ3、オメガ6、オメガ9の3種類に分けられます。

【飽和脂肪酸】
高温に強く、安定しているため保存がしやすい。動物性のものと植物性のものがある。動物性のものは摂り過ぎに注意。(例:動物性・バター、植物性・ココナッツオイル)
【不飽和脂肪酸・オメガ3】
生きていく上で、なくてはならない必須の栄養素で、不足しがちな油。また、酸化しやすいという難点も。炎症を抑える効果や、脳の活性化にも効果があるといわれています(例:亜麻仁油、しそ油、インカインチオイル、チアシードオイル)。
【不飽和脂肪酸・オメガ6】
摂らなくてはならない栄養素ですが、オメガ3とは逆に、摂り過ぎの傾向が。摂り過ぎは炎症を悪化させるのでほどほどに。(例:サラダ油、コーン油、紅花油)
【不飽和脂肪酸・オメガ9】
酸化に強く、コレステロール値の正常化や、便秘にも効果的な油(例:オリーブオイル、菜種油、アボカドオイル)。

オメガ6は、細胞膜の材料として欠かせない大切な油ですが、現代の食生活では過剰摂取が問題になりがちです。
オメガ3と6は、1:4の割合での摂取が理想とされています。

調理によって使い分けて、オイル美容を楽しんで

  • パンに塗るなら
    固形の脂を使いたい場合は、マーガリンではなく、吸収分解の早いココナッツオイルがオススメ。または、摂り過ぎには注意してバターを使用しましょう。
  • 高温調理には
    揚げ物など高温に加熱する場合は、酸化に強いココナッツオイルがオススメですが、香りが気になる場合は、オメガ9であるオリーブオイルもオススメです。ごま油を使う場合は、仕上げの段階で。
  • お菓子作りには
    飽和脂肪酸の摂取を抑えたいなら、バターの代わりにアーモンドオイルやココナッツオイルを。風味も良く、お菓子によくあいます。
  • 生で使用するには
    ドレッシングとして使ったり、料理の仕上げにかけるには、酸化に弱いけれど身体にプラスの働きをもたらす亜麻仁油やしそ油などオメガ3系油がオススメ。ただし、酸化しやすいので、作り置きは厳禁です。

オイルにはさまざまな美容効果があるもの。使い方を知って、賢くおいしく、キレイになっちゃいましょう♪

【関連記事】
細胞レベルで疲れてる!?女性に多い隠れ貧血にご注意を!
美肌の素はお肉!ダイエットにも効く、良質なたんぱく質の選び方

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。