ヘルスケア・ダイエット

「たるみ子宮」を回避!今すぐ始めたい、寝たままエクササイズ

「たるみ子宮」を回避!今すぐ始めたい、寝たままエクササイズ

肉体労働が減り、デスクワークが増えた現代女性の身体に異変が?! 運動不足や筋力不足を自覚している人なら要注意。気づかないうちに、あなたも「たるみ子宮」になっているかもしれません。

骨盤底筋の筋力が落ちると、子宮や膣がたるむ!?

子宮など、骨盤内にある臓器をハンモック状に釣り上げて支えているのが骨盤底筋。その中央には、尿道、膣、肛門を収縮させて締める3つの括約筋があります。「歩く」「しゃがむ」などの動作が減り、全身の筋力が落ちている現代女性の中には、この骨盤底筋と括約筋が弱って、子宮や膣が「たるむ」人が増えているのだそう。

尿モレに臓器脱!放っておくと危険な「たるみ子宮」

骨盤底筋が弱くなると起こりやすいのが「尿モレ」。今は出産経験者や高齢者だけでなく、20?30代女性にも増えているのだとか。さらにたるみが進行すると、骨盤内の臓器が股の下から落ちてくる骨盤臓器脱につながることも!
自分の骨盤底筋のレベルを知るためには、「尿止め」でセルフチェックを。尿を出し始めて5秒後に尿を止めてみて、何秒数えられますか? 止められる時間が3秒以下の人は「たるみ子宮」予備軍、と考えて!

寝たままできる体操で、「たるみ子宮」を解消!

「たるみ子宮」を解消するには、弱った骨盤底筋を鍛える必要があります。「寝たまま肛門キュッ!体操」は、一番取り掛かりやすく効果的なエクササイズ。ぜひ試してみて!

寝たまま肛門キュッ!体操

1. まっすぐ仰向けに寝ます。

2. つま先を、つま先立ちのようにピンと伸ばします。この時、太ももの筋肉が伸びていることを意識して。

3. そのままの姿勢で肛門をキュッと締め、10秒間キープします。

4. 足首が直角になるようつま先を戻して肛門をゆるめ、10秒間リラックス。

5. 1〜4を3セットから5セット繰り返します。

骨盤底筋を鍛えることによって、膣の締まりが良くなる、安産しやすくなる、という効果も期待できます。女性としての身体の機能を良い状態でキープするためにも、日々の「子宮メンテナンス」を始めてみませんか?

(参考文献)南部洋子『女のキレイは子宮から』(草思社)

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。