ヘルスケア・ダイエット

頬やアゴにできたら注意!大人のニキビは内外のダブルケアがポイント!

頬やアゴにできたら注意!大人のニキビは内外のダブルケアがポイント!

女子のテンションを急降下させる「大人のニキビ」。何度も同じ場所にできたり、なかなか治らなかったり...。鏡を見るのも憂鬱になりますよね。そんな大人のニキビケア方法や、メイクでカバーするコツを、資生堂webビューティーコンサルタントの柳田理子さんに教えてもらいました!

内側からの攻めケアが大切!大人のニキビに効く食べ物

大人のニキビケアには、専用のスキンケアアイテムを使うのが基本です。そしてさらに大切なのが、食べ物で身体の中からもケアすること。例えば、ニキビの炎症には、ウナギ(!)も効果的。ウナギに多く含まれるビタミンAは、肌のターンオーバーを整え、化膿や炎症を防いでくれます。肌はやさしいケアで守りながら、食事で内側からも攻める。このバランスが大人のニキビケアのコツです。

★大人のニキビに効果的な食べ物

  • 肌のターンオーバーを整え、化膿や炎症を防ぐ:うなぎ、にんじん、カボチャ(ビタミンA、Bカロテン)
  • バリア機能の低下による毛穴のつまりを防ぐ:こんにゃく、ブロッコリー、小麦麦芽(セラミド)
  • 皮脂の分泌を適正に保つ:レバー、バナナ(ビタミンB1、ビタミンB6、ローヤルゼリー)

大人のニキビは、思春期と同じケアでは治らない!

触るとしこりのように固くなっている大人ニキビは、ストレスやホルモンバランスの崩れにより、皮脂分泌が過剰になることが主な原因です。肌の脂っぽさからくる思春期のニキビとは違うため、「大人のニキビ用」のケア商品を使いましょう。思春期ニキビのケア商品は、皮脂を取り除く商品が多く、うるおいの必要な大人のニキビに使ってしまうと、乾燥を招いて逆効果になることも!

大人のニキビ発生!メイクはイエローの下地で赤みを抑えて

大人のニキビには、イエローの下地がベスト。
イエローの下地は、赤みを目立たせなくしてくれます。化粧品は、大人のニキビでも使えるアイテムを選びましょう。ファンデーションはやさしく塗り、パウダーもブラシでふんわりと仕上げます。凹凸がかなり目立つ場合は、コンシーラーではなく、下地の段階で部分用化粧下地を重ね塗りすると、肌への負担が少なく済みますよ。ただし、腫れや痛みがあるときは、メイクはお休みしましょう。

大人のニキビの大敵は、とにかくストレスと生活習慣の乱れ! 忙しい毎日のなかでも睡眠をきちんと取り、何よりリラックスタイム作りを心掛けてみてくださいね。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

資生堂 Webビューティーコンサルタント

資生堂 Webビューティーコンサルタント

 

化粧品から美容のことまで、Webをとおしてお客さまの美しさをひきだすお手伝いをする美容のプロ。パソコン画面上の文字とイラストを使って、電話で話しながらお応えする「話して相談」と、パソコンだけで気軽に相談できる「イラストを使ったチャット相談」、スマホでも相談できる「チャットだけで相談」があります。
http://www.shiseido.co.jp/webbc/index.html

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。