ヘルスケア・ダイエット

中医学で体質チェック!慢性不調は「薬膳美容」で食から改善★

中医学で体質チェック!慢性不調は「薬膳美容」で食から改善★

胃腸が重い、ヤケ食いが止まらない、よく眠れない...。原因不明の慢性不調で悩んでいる方も多いのではないでしょうか。今回は、フレンチ薬膳プロデューサーの坂井美穂さんに中医学におけるセルフ体質診断をASK! あなたに今足りていないものは? 摂るべき薬膳とは? 早速チェックしてみましょう?

まずは、自分の体質を知ることが大切!

中医学とは紀元前から伝わる伝統医学のこと。薬膳料理などの自然療法で、自然と身体との調和を取りながら自己治癒力を高め、体質を改善するという考え方がベースです。

今回は中医学的観点から、自身の不調タイプをチェックしてみましょう! 体質がわかったら、自分に足りていなかったものや補うべき食材が見えてきますよ♪

気虚タイプ(ききょ/気が足りていない人)

  • 朝起きるのがとにかくつらい
  • あともう少しのひと踏ん張りができない
  • 食べた後すぐに眠くなってしまう
  • 汗をかきやすい体質である

⇒ 身体を動かす気(=エネルギー)そのものが不足し、体内を温める機能が弱まっています。疲労感や倦怠感を感じやすいのがこのタイプの大きな特徴。オススメは、舞茸などのきのこ類やまぐろなどの赤身魚、山芋、生姜などの消化が良く元気が出る食材。翌日に疲れを持ち越さないよう、規則正しく食べて寝るのがコツです。

気滞タイプ(きたい/気が滞っている人)

  • 慢性的なストレスを感じる
  • 月経前に胸が張り、お腹が痛む
  • 気がついたらヤケ食いをしている
  • 常にスケジュールに追われている

⇒ 身体のエネルギーが滞っている状態。ストレスのある環境に身を置いたり、緊張状態が続いている方によく見られます。生理前などは、気滞によりホルモンバランスが乱れることも。食事は、ピーマンやエシャロット、柚子などの香りの良い野菜や柑橘フルーツ、ハーブティーがぴったり。自分なりのストレス解消法を見つけたり、湯船につかりながらリラックスするのも有効です。

血虚タイプ(けっきょ/血が足りていない人)

  • 夕方になると目がかすむ、ぼやける
  • 月経量が少なく痛みが重い
  • なぜか心がもやもやする
  • 最近よく眠れず不眠気味

⇒ 血が不足することによって、体内に栄養が行き届いていない状態。肌が白くツヤがない、爪や髪の乾燥が気になる方は特に注意が必要です。赤身の肉やレバー、イカ、牡蠣などのたんぱく質やビタミン、ミネラルを多く含んだ食材で血を補いましょう。また、血は夜に生成されるので、早めに就寝するように心がけましょう。

?血タイプ(おけつ/血が滞っている人)

  • 針でさされたような痛みがある
  • 月経でどろっとした血の塊が出る
  • シミやソバカスが多い
  • 出来たアザが消えにくくなった

⇒ 血液の循環が滞り、古い血が停滞している状態。冷えによる血流悪化や血液粘性の上昇など、様々な原因が考えられます。月経を整えるといわれるサフラン、玉ねぎは積極的に摂って欲しい食材。デザートには、カカオ70%以上のチョコも◎。くすみがちな肌には、練り状の酒粕をお味噌汁に入れると肌ツヤもアップしますよ!

あなたはどのタイプでしたか? 自分の体質と食べ物の持つ薬性を理解して、バランスの良い身体をつくりましょう!

お話を伺ったのは...
フレンチ薬膳プロデューサー 坂井美穂さん
初のレシピ本「かんたんフレンチ薬膳~体の内面から美しくなれるレシピ58」(主婦の生活社)が2015年7月31日発売。

photo:thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

小西悧舞ナタリー

小西悧舞ナタリー

海外美容家

日仏ハーフ。小学館、集英社の美容誌を経て独立。日本のみならず海外の美容誌やビューティサイトをメインに、取材で得た美メソッドや実際に試し、「本当に効果があったもの」を中心に執筆中。また、日常に美しいものや心地良いものを取り入れる『Bien-Être(心身美容)』を提唱。美容セミナーや化粧品コンサルティングをはじめ、ラジオ出演などのメディア活動も積極的に行っている。公式ホームページ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。