ヘルスケア・ダイエット

外反母趾が原因だった!?パンパン太もも痩せエクササイズ

外反母趾が原因だった!?パンパン太もも痩せエクササイズ

こんにちは! モデルボディメイクトレーナーの佐久間健一です。

なかなか痩せにくいパーツといえば「太もも」。パンパンの太ももを改善したくて、揉んだり叩いたりしても全く効果がなく、「なんで太ももだけ痩せないの!」と思っている女性も多いのでは? 実は、太ももが太くなる原因の一つが「外反母趾」なんです! 太ももを細くしたければ、「外反母趾」を治したり、防いだりすることが重要です!

太ももと外反母趾の関係

歩くとき、足の親指側に極端に体重が乗っているのは外反母趾の証拠。この状態は、太ももにかかる体重負荷を増大させるため、太ももががっちりと硬く太くなってしまうのです。
太ももの体重負荷を減らすには、「股関節の硬さとヒップの弱さ」を改善することが大切です。股関節の柔軟性と歩くときに体重を支えるヒップ本来の機能を高めることで外反母趾の助長を抑え、太ももの負担を軽減し、太もも痩せにつながるというワケなんです。

太もも痩せと外反母趾の軽減が叶うエクササイズ

それでは、股関節の柔軟性とヒップ本来の機能を高めるエクササイズで、太もも痩せを目指しましょう!

1. 四つん這いになります。

2. 丸めたタオルや小さなボールを、かかととヒップの間に挟みます。

3. かかととヒップを支点に膝を外に開きます。1~3を10回目安に行います。

かかととヒップの間にモノを挟むことで、太ももの緊張がほぐれ、股関節の可動域が広がります。また、膝を外に動かすことで、歩くときに体重を支えるヒップ本来の機能を強化します。

ヒップと股関節にアプローチすることで、外反母趾を改善することも太ももを細くすることも可能になります。女性特有の悩みを一気に軽減できるので、ぜひチャレンジしてみてください!

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

佐久間健一

佐久間健一

ボディメイクトレーナー。ボディメイクスタジオ「CharmBody」代表。

パーソナルトレーニングによるダイエット指導や芸能事務所と提携しタレントやモデルなどのボディメイク指導を行う。2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ、元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー、2016ミスインターナショナル世界大会公式パーソナ―と世界3大ミスコンテストの日本代表の指導も担当。モデルを中心に年間4000件以上のボディメイク実績を持つ。 
         公式HP著書一覧

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。