ヘルスケア・ダイエット

女性ホルモンはバランスがキモ!コンビニで手に入るお役立ちフード3選

女性ホルモンはバランスがキモ!コンビニで手に入るお役立ちフード3選

私達女性の心も身体も支配している女性ホルモン。その働きは生殖だけにとどまらず、肌にハリやうるおいを与えたり、カルシウムの吸収を促して骨を丈夫にしたり、女性らしい身体つきを作ったり...と、健康で美しくあるために日々働いてくれています。そんな働き者の女性ホルモンの一生の分泌量は、ティースプーンたった1杯分ってご存知でしたか? 女性ホルモンUPと騒がれていますが、実は女性ホルモンに大切なことは分泌量ではなくバランスなんです! 今回はコンビニやスーパーで手軽に手に入る、女性ホルモンのバランス調整に効果的な食べ物をご紹介します。

サプリよりお手軽食材がいい理由

女性ホルモンの過剰な分泌は、婦人科系トラブルの原因になることも知られています。小豆や大豆などに豊富に含まれる「植物性エストロゲン」ともよばれるイソフラボンは、女性ホルモンが過剰な場合も足りない場合も、バランス調整をはかってくれる優れもの♪ ただしサプリメントなどでイソフラボン成分だけを摂る時は、過剰摂取にならない注意が必要。やはり日常生活で自然に植物性エストロゲンを摂取できるお手軽フードがオススメです。

コンビニですぐに手に入る♪ 女性ホルモンお役立ち食材

・ドライいちじく
植物性エストロゲンが多いことで有名な果物のいちじくですが、ドライいちじくならコンビニやスーパーでも簡単に手に入ります。実はドライにすることで水分が減っている分、鉄分、カリウムなどのミネラル分やビタミンB群、食物繊維もより豊富になっているため、栄養補給にも◎。ただし、カロリーもそれなりに高いので、食べすぎには注意が必要です。

・納豆
女性ホルモンだけではなく、便秘解消、ダイエット、血液サラサラと挙げ出せばキリがないくらい、健康フードの王様的な存在の納豆。大豆はイソフラボンが豊富なことで知られていますが、消化の面から考えると摂り過ぎは身体の負担になることも。一方、納豆は発酵しているため、消化に優しく腸に有益なんです♪ コンビニやスーパーで手軽にランチをすませてしまう時も、ぜひ納豆もプラスしてください。

・小豆
小豆にはビタミンB群やビタミンC、生殖機能を高めてくれる亜鉛、良質なたんぱく質、繊維や鉄分が豊富で、腎臓の働きを高める効果があります。また、血行促進作用のあるアントシアニンも含まれ、冷え体質の人にはぴったりです。婦人科系トラブルの多くは冷えからきているため、女性ホルモンの調節、冷え改善、デトックスと、女性の身体に嬉しい効果がたくさん期待できますよ♪ 気軽に取り入れるなら、お赤飯おにぎりを買ったり、おやつにはあんこ入り和菓子をチョイスして。自炊する場合は、ご飯に入れて炊いたり、かぼちゃと合わせた『いとこ煮』などを作ってみては?

キレイを作る食習慣に無理は禁物! 取り入れやすそうなところから始めてみてはいかがですか?

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

中嶌歩見

中嶌歩見

ファスティングコンシェルジュ

1977年大阪府出身。美容業界、ブライダル業界に長く従事し、2008年より東京青山にて美と健康を追求する自然派サロンをオープン。施術だけではなく、安全な食材の販売や無農薬の野菜宅配システムを構築し、オンラインショップもプロデュース。 またインナービューティー、代替医療、ファスティングについても専門的に学び、2010年に日本ファスティングコンシェルジュ協会を設立。会長兼メイン講師として全国で認定資格講座や講演を行っている。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。