ヘルスケア・ダイエット

「長風呂」は美肌の大敵!?バスタイムにできる乾燥対策♪

「長風呂」は美肌の大敵!?バスタイムにできる乾燥対策♪

寒いこの季節は、温かいお風呂にのんびりと入っていたいもの。でも、気をつけた方がいいのはその「時間」。特に冬は「長風呂」をすることで、肌の乾燥をより加速させてしまうので注意が必要です。正しい入浴法をマスターして、全身しっとりつるつる肌を手に入れましょう!

「長風呂」は肌の負担に!

入浴は身体を温めたり、新陳代謝を高めたりと美容に嬉しい効果がたくさんありますよね。でも長くお湯につかり過ぎると、肌に大きな負担をかけてしまうことも! それは、長風呂によって、肌のうるおいが奪われてしまい、乾燥しやすくなるから。肌を乾燥から守るためには、入浴中からしっかりと保湿対策をすることが大切なんです。

乾燥を防ぐ入浴法?4つのルール

それではさっそく正しい入浴方法をマスターしましょう! 気をつけたいのは以下の4つです♪

  • お風呂の温度はぬるめの38~40度に
  • 湯船につかる時間は15~20分を目安に
  • 入浴前後は水分をしっかり摂って体内から保湿を
  • 湯船につかりながらシートマスクで乾燥をブロック

お風呂の温度は高すぎると肌のうるおいが奪われやすいので、40℃までを目安に20分以内の入浴を心がけて。また、むくむからといって、入浴後に水分を控えるのは御法度! お風呂上がりの身体がぽかぽか温かいうちに、常温水やハーブティーを500mlほどゆっくりと飲んで、身体の中からもたっぷりとうるおいを与えましょう。
特に乾燥の激しい冬は、湯船につかりながらシートマスクでケアすると、乾燥を防いでくれてますよ。メイクオフや洗顔もダメージを与えないように優しく行いましょう。

しっとりボディを作る! オイルかけ湯のススメ?

ボディの乾燥対策としてオススメなのが「オイルかけ湯」。湯船から上がったら、洗面器にキャリアオイルを3~4滴入れてよく混ぜ、かけ湯の要領で全身に少しずつかけましょう。オイルが皮膜を作ってくれるので、しっとりとした肌をキープできますよ♪ お風呂上がりにボディクリームなどでケアすることも忘れずに。
バスタイムで全身の保湿ケアを心がければ、夜のスキンケアもずっと楽になりますし、なによりも血流が良い状態なので効果も倍増しますよ♪ 乾燥が気になる...という方は、ぜひ取り入れてみてくださいね。

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

小西悧舞ナタリー

小西悧舞ナタリー

海外美容家

日仏ハーフ。小学館、集英社の美容誌を経て独立。日本のみならず海外の美容誌やビューティサイトをメインに、取材で得た美メソッドや実際に試し、「本当に効果があったもの」を中心に執筆中。また、日常に美しいものや心地良いものを取り入れる『Bien-Être(心身美容)』を提唱。美容セミナーや化粧品コンサルティングをはじめ、ラジオ出演などのメディア活動も積極的に行っている。公式ホームページ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。