ヘルスケア・ダイエット

冬太りにならない食生活とは?食べてキレイになる方法

冬太りにならない食生活とは?食べてキレイになる方法

気がつくと体重増加...なんて悲しいことになりがちなこの時期。春に備え、冬太りを防ぐための食生活のポイントを、栄養士で日本健康指導支援機構(JHISS)認定 健康アドバイザー、資生堂ビューティークリエーション部の中野三津子さんに教えていただきました。

太らないための食生活ポイント

太らないようにするためには、日頃から必要な栄養素を摂ることと、バランスを考えて「低糖質・低脂質」を心がけることが大切です。太りたくないからと極端に食べなかったり栄養が偏ったりするのは絶対NG! 糖質や脂質も身体に必要な栄養素、脂質は抜きすぎると肌あれを引き起こす原因になります。太らないようにするためには、特に次の栄養素を摂るようにしましょう。

ビタミンB1

糖質の代謝に。豚肉・玄米・ブロッコリーなどに含まれます。

ビタミンB2

脂肪の燃焼に。レバー・うなぎ・納豆などに含まれます。

たんぱく質

魚・肉などに含まれます。タンパク質は、同じカロリーでも消化・吸収のためにより多くのエネルギーを消費し、身体をあたためる効果があります。

冬のオススメメニュー

緑黄色野菜、淡色野菜、肉、魚、豆腐、きのこなど、豊富な栄養素を簡単に摂取できる鍋はオススメです。この時期は、身体を芯からあたためる食材を摂ることを意識しましょう。

トマト鍋

鶏肉で良質なたんぱく質を摂取しながら、緑黄色野菜もたっぷりと。トマトに含まれるリコピンにはシミのもととなるメラニンの生成を抑える効果も期待できます。

鶏肉の赤ワイン煮

良質のたんぱく質をたっぷり摂取できます。また、骨付き手羽先を使用すれば、骨や皮に豊富に含まれるコラーゲンもたっぷり!

キムチ鍋

肉や魚でたんぱく質は◎ キムチは乳酸発酵食品で腸にもやさしい食材。とうがらしに含まれるカプサイシンにが発汗を促し血行を促進。身体をあたため代謝を上げてくれます。

焼肉

赤身肉に多く含まれる鉄は、赤血球中の酸素を運ぶヘモグロビンの原料になるので、細胞の隅々まで酸素が届き、イキイキした肌づくりにつながります。

ホットヨーグルト

カルシウムが不足すると、脂肪を溜めこみやすくなります。ヨーグルトはカルシウムや乳酸菌が多く含まれていて、腸の環境を整えるのには最適です。

カラダがよろこぶレシピはこちら!

外食で気をつけるポイント

外食が多い場合は、食べ方を少し意識するだけで違ってきます。丼などの単品メニューはカロリーが高く、栄養素が偏りがち。もし同じ食材なら「定食」にしてバランス良く食べましょう。コースメニューなど、メニューが選べないときは食べる順番に気を配ります。「野菜・海藻・豆類」から食べるようにして、揚物など高カロリーなものは最後に食べましょう。

いかがでしたか? 今日からちょっと食生活を工夫して、きちんと食べながら冬太りの対策をしましょう!

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。