ヘルスケア・ダイエット

腸が老けてない!?「腸内フローラ」を整えて美肌&スリムをゲット?

腸が老けてない!?「腸内フローラ」を整えて美肌&スリムをゲット?

毎日のスキンケアをいくら頑張っていても、肌の不調が続いているのは、もしかしたら「腸内フローラ」が原因かもしれません! 「美肌は腸から」といわれるほど、肌は腸環境を映し出す鏡。最近、肌荒れが気になる...なんて人は、まずは"腸内フローラ"を整えることから始めてみませんか?

ズバリ! 腸内フローラとは?

人間の腸には、外から侵入する菌から身体を守る免疫細胞の6~7割、くびから下の神経の半分以上が集中し、また、最大のホルモン産生臓器でもあります。それだけに腸は健康や肌状態を左右する大切な器官です。その腸には、様々な細菌が棲みついています。これらは腸内細菌と呼ばれ、腸の中でお花畑(フローラ)のように群がって見えることから「腸内フローラ」と呼ばれています。

腸内フローラは、菌のバランスがキモ!

腸内フローラの中には約500~1000兆個の細菌があり、その重さはなんと1.5kgもあるのだそう。菌の種類は1000以上あり、大きく3タイプ分けられます。

<善玉菌>
消化吸収を助ける、栄養素を作るなど、健康に役立つ働きをする。乳酸菌、ビフィズス菌など。

<悪玉菌>
健康に害をもたらす。大腸菌、ウェルシュ菌など。

<日和見菌>
善玉菌か悪玉菌か、優勢な方に味方して働く。どちらにでもなる菌。

健康な人の腸内では、善玉菌が悪玉菌の増殖をおさえるよう、腸内フローラは一定のバランスで維持されています。

腸内フローラが整っているとこんなにいいことが

  • 免疫力がUP!...肌本来の免疫力もアップ
  • 肌荒れとおさらば...腸内環境が整うと血液循環が良くなり肌荒れ改善に
  • 便秘解消でお腹すっきり...腸内環境が整うと、便が毎日排出されお腹もすっきり
  • やせやすくなる...便の排出がスムーズになり、代謝も良くなる

悪玉菌を減らして善玉菌を増やし、腸内細菌のバランスを良い状態に整えることが「美肌」への近道ですよ♪

まずはチェック! あなたの"腸年齢"はいくつ?

  • 朝食を食べない
  • 外食が多い
  • 食事時間が不規則
  • 肉類が好き
  • 野菜が嫌い
  • 運動不足
  • お酒を飲む機会が多く、量も多い
  • 肌荒れがひどい
  • 便が出にくい、硬い、におう
  • おならがよく出る

<チェックの数>
0個...実年齢より腸が若い、1~3個...実年齢+1~5歳、4~6個...実年齢+6~7歳、7~9個...実年齢+11~19歳、10個...実年齢+20歳以上

チェックが多い人は腸年齢が実年齢よりも高く、腸内フローラが乱れている可能性が! 腸内フローラが乱れると免疫、栄養、ホルモン、代謝などのバランスが悪くなり、身体や肌に影響を及ぼすので要注意! 腸年齢を若返らせるには食生活の見直しが重要なカギになります。

簡単! 効率よく! 腸内フローラを整える

腸内フローラのバランスをよくして、腸年齢を若返らせるには食生活の見直しが重要なカギ! 善玉菌を増やす食生活を意識して。

  • 良質な油をとる
    青魚、エゴマ油、亜麻仁油(あまにゆ)、シソ油などのオメガ3脂肪酸をとる
  • 糖質を控える
    悪玉菌のエサになる糖質は控える
  • 発酵食品をとる
    納豆、味噌、キムチなどの発酵食品を積極的にとる
  • 食物繊維とオリゴ糖をとる
    善玉菌のエサになる食物繊維とオリゴ糖をとる

納豆にエゴマ油をかけたり、スムージーに亜麻仁油を入れるなど、いつもの食事から取り入れてみましょう♪

「腸内フローラ」を整えることで、身体の中から元気に美しくなること間違いなし? まずは少しずつ食生活の見直しから始めてみませんか?

お話しを伺ったのは...
【三番町ごきげんクリニック】
澤登雅一(さわのぼり まさかず) 院長
東京慈恵会医科大学卒業後、血液内科医として日本赤十字社医療センターに勤務後、2005年に「三番町ごきげんクリニック」を開業。病気にならないための医療やアンチエイジング医療を実践。著書に『その「不調」、あなたの好きな食べものが原因だった?』など。

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。