ヘルスケア・ダイエット

目鼻だけ気にして、肌対策忘れてない?花粉時期のスキンケア

目鼻だけ気にして、肌対策忘れてない?花粉時期のスキンケア

鼻がムズムズして目がかゆい~! でも花粉症シーズンは始まったばかり。しかも、今年のスギ花粉の飛散量は、昨年より多いのだとか。スギ花粉は目や鼻にアレルギー症状を引き起こすだけでなく、肌のバリア機能も低下させることが資生堂の研究で判明しました。そこでこの時期のスキンケアポイントを、資生堂広報部の吉村智恵子さんに伺いました。

花粉症シーズンは肌があれがち? スキンケアのポイント

花粉症シーズンは、花粉をはじめとする様々な刺激や、季節の変わり目による環境の変化もあり、いつもより肌が敏感になりがち。この時期ならではの丁寧なスキンケアを心がけましょう。

帽子やスプレーで、花粉をブロック

外出時はマスクやメガネだけでなく、「つばの広い帽子」や「手袋」で、髪や額、手も花粉から守りましょう。また花粉などの飛散物質から、なめらかなヴェールで肌や髪を守る、スプレーやローションを使用するのも効果的です。

うがい・手洗い、洗顔をしっかりと

うがい・手洗いや洗顔は、手や顔についた花粉や、鼻や口を通して喉に達した花粉を取り除くためにも、この時期とても重要です。特に洗顔は、目や鼻の周りに付いた花粉を取り去り、症状の悪化を防ぐためにも、やさしく丁寧に「きちんと」行いましょう。

洗顔の基本4ステップ

1. 手を洗い、顔をぬらす
汚れや花粉が付いている手を清潔にしてから洗顔をします。ぬるま湯で顔全体をまんべんなくぬらし、表面をざっと素洗いします。

2. たっぷりと泡立てる
洗顔料やせっけんに、少量の水かぬるま湯を数回に分けて加え、逆さにしても落ちないくらい濃密な泡を立てます。

3. 泡を転がすように洗う
泡を肌の上で転がすように、顔全体をやさしく洗います。額や鼻など脂っぽい部分は、指の腹を使って丁寧に。

4. しっかりすすぎ拭き取る
すすぎは、ぬるま湯の流水で約1分間を目安に丁寧に洗います。十分すすいだら、タオルでやさしくおさえるように拭き取ります。

普段のケアも見直し! 唇もしっかりケアを

うるおい不足の春の肌にほこりや花粉などが付くと、肌はデリケートになりがち。化粧水や乳液などの基本ケアで、肌表面をきちんと整えましょう。デリケート肌用のスキンケアへのスイッチも効果的です。また花粉をブロックし、日焼け止め効果のある下地は、美肌を保つのに便利なアイテムです。

肌がデリケートになり炎症を起こしやすいこの時期のスキンケアは、ゴシゴシこすらず優しく行います。かゆみが出た時には、冷やして沈静させるのがベスト。また肌に違和感がある時は、コットンを使わず清潔な手のひらで肌を軽くおさえるように化粧品つけましょう。

肌と同じく唇も刺激を受けています。唇は他の皮ふとは構造が異なり、角層がとても薄く、皮脂腺もないため、うるおいを保つバリア機能がとても弱い部分です。顔以上に乾燥の影響を受けやすく、あれやすいので、リップクリームで唇を守りながらうるおいをチャージしましょう。

女子たるもの、鼻や目と同じように「肌」も当たり前のケアと心得て、トラブルを回避して春を楽しみましょう? 

photo : Thinkstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。