ヘルスケア・ダイエット

生理前は顔がたるむ!?女性ホルモンを味方につけて、老け顔とおさらば

生理前は顔がたるむ!?女性ホルモンを味方につけて、老け顔とおさらば

女性の身体&心のリズムをコントロールしている、「女性ホルモン」。生理前は肌の調子がイマイチ...など、肌に与える影響も大きいですよね。実は、生理周期によって「顔がたるむ」なんてことも...。

生理周期が顔たるみを作る!?

女性の生理(月経)周期は、月経期→卵胞期→排卵期→黄体期の4つのサイクルでまわっています。生理の2週間前にあたる黄体期は、プロゲステロン(黄体ホルモン)の影響で水分が排出されにくくなり、とてもむくみやすくなります。この時期に、塩分や水分を摂り過ぎたり、過度の飲酒をしてしまうと、さらにむくみが悪化してしまうことに...。

むくんでいるとき、皮膚は大きく伸ばされてしまいます。そしてむくみが取れてくると肌は縮み、乾燥します。この「伸び縮み」のサイクルを続けていると、年齢を重ねるにつれ、皮膚を収縮する力が失われ、たるみの原因につながってしまうのです!

また、お肌の弾力を生み出しコラーゲンを増やす働きをする、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌は、黄体期に減少します。一時的にとはいえ、コラーゲンの量が少なくなるため、弾力がなくなり、肌がたるみやすくなるとも言えるのです。

1週間が勝負! 顔たるみとおさらばする方法

気になる顔たるみを解消するには、プロゲステロンとエストロゲンという2つの女性ホルモンのバランスを整えることが大切です。そのためにも、決まった時間に起き、寝て、食事をするといった規則正しい生活を送ることがマスト。でも、仕事に遊びに忙しいアラサー女子のみなさんは、そんな生活を毎日送るのは正直難しいですよね。

そこで提案したいのが、もっとも肌に影響を与えやすい生理前の1週間だけ規則正しい生活を心がけるということ。過度な飲酒や、ご飯やパンなどの炭水化物をなるべく控え、むくみを抑えるよう心がけましょう。寝る前にヨガやマッサージでリラックスする時間を作るのもオススメですよ!

女性ホルモンのバランスを整え、生理周期と肌の関係を意識することが、顔たるみ解消への近道ですよ♪

お話しを伺ったのは...
女性医療クリニックLUNAグループ
理事長・関口由紀さん
女性医療クリニックLUNAグループ理事長として、婦人科・女性泌尿器科・女性内科・乳腺科・美容皮膚科、心斎橋分院の5施設を束ねるとともに、女性泌尿器専門医として診療も行っている。東洋医学にも造詣が深く、女性の悩み全般にオールラウンドに対応。

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。