ヘルスケア・ダイエット

ミランダも実践中♪間食でダイエットも叶う「スマートスナッキング」が気になる!

ミランダも実践中♪間食でダイエットも叶う「スマートスナッキング」が気になる!

おやつと言うと、ついついジャンクな甘いお菓子に走ってしまうことが多いのでは? 白砂糖やトランスファット、グルテンなどがたっぷりのお菓子は止まらないし、食べたらまた欲しくなるコントロール不能状態に陥りがち。ニキビや肌荒れ、イライラや太る原因になることも...。今回はそんな悪循環から抜け出すことができる、「スマートスナッキング」を紹介しますね。

おやつの度にビタミンやミネラルを摂取できる?

スマートスナッキングは、小腹が空いたときや口寂しいときに、我慢するのではなく、栄養価が高くヘルシーな、賢いおやつをチョイスするという習慣。なんだか味気なくて満足感のないおやつかも...という心配はご無用! ビタミンやミネラル、食物繊維などが多く含まれている食材を選べば、しっかり空腹を満たしてくれる上、栄養補給や美容、エイジングケア、メンタルバランス、食欲コントロールなどにも繋がりますよ。さらに嬉しい効果は、スマートスナッキングを続けているとジャンクなおやつから自然と遠ざかること。私はスマートスナッキングを始めて、気が付くと10年はキャンディーやガムを口に入れていません。

では、具体的にどんな食材がスマートスナッキングに向いているのでしょうか? WOONIN流スマートスナッキング術を紹介しますね!

WOONINのスマートスナッキング10ヵ条

1. オーガニックショップ(オンラインショップも)やスーパー、デパート、バラエティショップの自然食コーナーに足を運ぶ。
2. パッケージの裏を見て、原材料が自然食材を選ぶ(ナッツ、ドライフルーツ、天然塩、天然甘味料、スパイスなど)。
3. 精製砂糖、精製塩、化学調味料、保存料、人工香料などの添加物を避ける。
4. 栄養価の高いスーパーフードを積極的に摂取する(ローチョコレート、ローカカオニブ、ココナッツ、タイガーナッツ、マルベリーなど)。
5. ナッツは乾燥だけのローナッツか素焼きナッツ、自然食材で味付けされたものを選ぶ(クルミ、カシューナッツ、クルミ、アーモンド、マカダミアナッツ、ピスタチオなど)。
6. 海苔、納豆、こんにゃく、オリーブ、ピクルスも立派なスナック。
7. グルテンフリーを心掛けて選ぶ。
8. 気分に合わせられるように甘味、塩味、辛味、酸味のスナックバリエーションを揃えておく。
9. 上記をいつでも食べられるように自宅にストックしておく(トップの画像はWOONINのスマートスナックコレクション♪)。
10. 会社や外出用にも携帯する。

お気に入りの食材をミックスした、簡単カスタマイズスナックのススメ

お好みのスーパーフードや好きな食材を組み合わせて、保存しておくのもおすすめですよ!

(材料例)
ローカカオニブ 適量
生くるみ 適量
クコの実 適量
お好みのドライフルーツ 適量(砂糖不使用)
※直射日光を避け、しっかり蓋が閉まるガラス瓶に保管しましょう。

おやつの度にビタミンやミネラル、良い脂質に食物繊維などを摂取できるので、美容・ダイエット効果のサポートもしてくれるスマートスナッキングを新習慣として、ぜひ取り入れてみてくださいね。

photo : WOONIN

●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

WOONIN

WOONIN

スーパーフード&ライフスタイルクリエイター

1973年生まれ。ニューヨーク市立大学ハンター校卒業。2009年会社員時代にローフード、スーパーフード、コンブチャのウェルネスフードに魅了される。現在ローフード教室「R.A.W.」主宰の他、雑誌や書籍でのレシピ考案やスタイリング、企業の商品開発など活動の場を広げ、活躍中。近著『ジャースムージー & サラダ』(主婦の友社)がアジア圏でも好評発売中。
ブログ:「WOONIN LIFESTYLE」 Instagram:@woonin_lifestyle

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。