ヘルスケア・ダイエット

歯の汚れや黄ばみで笑顔が台なし(泣)!キレイな歯をキープする対策3つ

歯の汚れや黄ばみで笑顔が台なし(泣)!キレイな歯をキープする対策3つ

毎日歯磨きしていても知らないうちに付いてしまう歯の汚れ。歯が汚れているとせっかくの素敵なメイクも台なしです...。そこで今回は、お家でできる歯の汚れ対策を「ザ・ホワイトデンタルクリニック」院長の永山幸先生に伺いました!

歯に汚れが付いてしまう理由って?

歯の表面は、エナメル質という歯質で覆われています。歯の汚れは、このエナメル質の表面に付く汚れとエナメル質の内側に入り込んだ汚れの二種類があります。表面に付く汚れは赤ワインや紅茶など色の濃い飲み物に多く含まれるタンニンなどによって付着します。また、磨き残しなどでエナメル質の表面が荒れると、汚れがさらにエナメル質の内側に入り込んでしまいます。

こんな人は要注意!

  • 赤ワイン、紅茶、コーヒー、カレーなど色の濃い飲み物や食べ物が好きな人
  • 色の濃い飲み物や食べ物は、歯の表面にステインを付着させる原因になります。

  • 寝る前の歯磨きをささっと済ませている人、もしくは歯磨きをしたのに何か食べてしまう人
  • 夜寝ている間は口の中をきれいにしてくれる唾液が減少するため、磨き残し等があると虫歯菌が繁殖し、歯の表面を酸で溶かし始めます。

  • 口を開けたままにする習慣のある人
  • 口を開けたままにすることが多いと、口の中が乾燥して唾液が少なくなりがちなため、虫歯菌が繁殖しやすく、歯の表面を酸で溶かし始めます。

  • 歯並びの悪い人
  • 歯並びが悪いと磨き残しなどの汚れがたまりやすく、黄ばみの原因にもなってしまうので、気をつけましょう。

今日から始める! お家でできる歯の汚れ対策

エナメル質の内側に入り込んだ汚れは、歯医者さんでのホワイトニングが必要ですが、歯の表面の汚れ対策は毎日の歯磨きで対応できます。さらに日々のケアに気を遣うことで、エナメル質の内側に汚れが入り込むことも予防してくれますよ♪

【対策1】ステインの付きやすい食べ物を控える
例えば、赤ワインをやめて白ワインに切り替えるなど、色の濃い食べ物や飲み物を控えめにしましょう!

【対策2】用途にあった歯磨き粉を使用する
歯の表面の汚れ防止には、市販されているホワイトニング用の歯磨き粉を使用しましょう。また、エナメル質の内側に汚れが入り込まないように、エナメル質の再生を促す再石灰化効果のある歯磨き粉も合わせて使用すると、汚れから歯を守る効果が強くなります。朝は、ホワイトニング効果のあるものを使用し、夜は再石灰化効果のあるものを使用して寝ている間に歯を強くするといった、歯磨き粉の使い分けもおすすめです。

【対策3】正しいブラッシングをする
食生活や歯磨き粉を変えても、正しいブラッシングができていないと元も子もない状態に。正しいブラッシング方法を身につけましょう!

<正しいブラッシング方法>

1. 外側→噛む面→内側など、あらかじめ磨く順番を自分で決めておきます。
2. 歯ブラシは、毛先が歯の表面に当たる角度で持ちます。
3. 歯と歯の間に毛先がしっかり入り込むよう、ブラシを軽く当て、小刻みに動かします。
4. 歯並びの悪いところはブラシを縦にするなどして磨きます。

この磨き方がしっかりできているか、鏡でチェックしながら行いましょう。磨き方をチェックする際は、歯磨き粉を付けてしまうと泡でよく見えなくなるので、歯磨き粉を使用せずに行うと◎。お休みの日などは、歯垢の残りをチェックする赤い染め出し液を使用しながら、長めに1時間ほど時間をかけて、磨き残しをチェックできるとさらに良し! 磨き残しがちなところは、黄ばみやすいところでもあるので、自分の歯磨きのクセに気づくと、歯の汚れ防止に役立ちますよ!

もちろん、歯の内側に入り込んでしまった汚れはホームケアでは落とせないので、定期的に歯医者さんへ行くこともお忘れなく! 歯の汚れをしっかり防止して、口元美人を目指しましょう♪

今回お話しを伺ったのは
「ザ・ホワイトデンタルクリニック」永山幸院長
住所:東京都豊島区南池袋 2-26-6 島倉ビル 3・4F
TEL:0800-813-9308

photo : Shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。