ヘルスケア・ダイエット

食べるだけで体重ストン!?レデイ・ガガも痩せたカリフラワーダイエットの実践テク

食べるだけで体重ストン!?レデイ・ガガも痩せたカリフラワーダイエットの実践テク

薄着の季節も終わり、ちょっとダイエットはお休み...とはいかないのが大人女子の宿命。リブニットやタートルネックなど、秋冬服を素敵に着こなすためにも美しいボディラインはしっかりと死守したいもの。そこで今回は、食べるダイエットとして注目の「カリフラワー」をご紹介します。

カリフラワーの持つダイエットパワーとは?

カリフラワーは、ブロッコリーと同様、栄養価の高い食材。なかでも、活性酸素を取り除く働きがあるビタミンCやデトックス効果の高いカリウム、便秘解消に◎な食物繊維などを含有し、1株約400gとボリュームがあるにも関わらず、カロリーはたったの約100kcalなのも魅力的。茹でても噛みごたえがあるので、満腹中枢も刺激されますよ!

このカリフラワーで、パーフェクトなボディを手に入れたのが、レディ・ガガ。ダイエットとリバウンドを繰り返していた彼女も、カリフラワーを食事に組み込むことでストンと体重を落とし、現在もヘルシーなボディをキープしているのだとか!

サッと茹でて、デイリーレシピに活躍!

カリフラワーを茹でている

新鮮なカリフラワーを選んだら、1株さっと1〜2分茹でましょう。花が咲きだすと栄養価が落ちてしまうので、まずは茹でてしまうのがおすすめです。茹でた後は、スープやサラダ、炒めもの、ポトフなどにいろいろな料理に活用してみて。また酢150ccに砂糖大さじ3、塩小さじ2分の1を混ぜ合わせ、カリフラワーを漬けたピクルスもおすすめです♪ 茹でた後、すぐに食べない場合は、小分けにして冷蔵庫で保存するようにしましょう。

NYでブームのカリフラワーライスとは?

カリフラワーライス

また、炭水化物の代用としてNYで取り入れられている「カリフラワーライス」もおすすめです。フードプロセッサーでカリフラワーを細かく砕いたあと、レンジで2分温めれば完了。カレーやチャーハン、ピラフなど、どんな食材とも相性が良いので、白米の代わりに使用することが可能です。満腹感を満たしながらもカロリーを抑えることができますよ♪

カリフラワーはこれから旬を迎える食材。栄養をたっぷり蓄えたレシピで、すっきりとしたボディを手に入れて♡

photo : shutterstock
●当記事の情報は、ご自身の責任においてご利用ください。

小西悧舞ナタリー

小西悧舞ナタリー

海外美容家

日仏ハーフ。小学館、集英社の美容誌を経て独立。日本のみならず海外の美容誌やビューティサイトをメインに、取材で得た美メソッドや実際に試し、「本当に効果があったもの」を中心に執筆中。また、日常に美しいものや心地良いものを取り入れる『Bien-Être(心身美容)』を提唱。美容セミナーや化粧品コンサルティングをはじめ、ラジオ出演などのメディア活動も積極的に行っている。公式ホームページ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。