ヘルスケア・ダイエット

疲れてる女は臭う!?食事を見直して「ノンスメルな女」に♪

疲れてる女は臭う!?食事を見直して「ノンスメルな女」に♪

疲れが溜まったり、暖房の強い場所で汗ばんだりするとふと気になる自分の体臭...。今年は久しぶりにロングブーツも流行中。飲み会のお座敷などでブーツを脱いだときにドキッとすることはありませんか? 衣類用、ボディ用と各種消臭ケアはありますが、ここでは身体の内側から「ノンスメルな女」になるための食事法をご提案します。

「ビタミンACE(エース)」の抗酸化食で肌から発するニオイをケア

肌表面には皮脂がありますよね。皮脂が酸化することでニオイを発していることが多いので、まずは「抗酸化作用」のある栄養素を摂取しましょう。ニオイだけでなくアンチエイジングなどに効果があります。抗酸化成分は「ビタミンACE(エース)」と覚えます。ビタミンA、C、Eです。
ビタミンAはうなぎやレバー、緑黄色野菜などに豊富。ブルーベリーや抹茶も有名です。風邪予防にもなるので、この季節はぜひ摂取しましょう。
ビタミンCは皆さんよくご存知ですね。果物や野菜に多く含まれています。美白効果や、こちらも風邪予防の効果があります。
ビタミンEは魚介類やナッツに多く含まれています。血行促進効果もあるので、この季節、身体を温めてくれます。

肌から発するニオイは「食べない」ことでケアもできる

皮脂の酸化は、食事中の脂質を減らすことでも抑えられます。揚げ菓子やスナック菓子、脂肪の多い肉、バターや生クリームを多く含むケーキやドーナッツなどを控えることは、ダイエットだけでなくニオイケアにもなるのです。

胃腸の不調から来るニオイをケア

胃腸の調子が悪いと呼気などと共に悪臭が上がりますが、これは腸内環境を整えることで解消できます。乳酸菌やオリゴ糖、消化が良い発酵食品を積極的に摂取しましょう。ヨーグルト、みそ、納豆、キムチなどがおすすめです。ただし発酵食品はそれ自体が臭うものも多いので、食後は歯磨きを忘れずに!
また、タンパク質の摂りすぎは悪玉菌のエサになり、腸の機能の低下につながるので、控えることも大切です。お肉をたくさん食べてしまったら、タンパク質の代謝を促すビタミンB6を含む食品を積極的に摂りましょう。玄米や胚芽米を主食にし、カツオやイワシ、鶏のささ身やムネ肉なら脂質も少ないので◎。

いわゆるニオイの元、お酒やにんにくは?

臭い! と言われる代表選手がお酒やにんにく。お酒はアルコール代謝の際に分泌されるアセトアルデヒドが口臭や肌から排出されニオイを発します。食品でアルコール代謝を促すためには、水分をしっかり補給することや、ウコンなどのサプリメントを飲むこともおすすめ。またにんにくの含有成分アリシンもアルコール同様、血液を通して口臭や肌からニオイを発しますが、牛乳や緑茶、りんごなどを摂取するとニオイを抑制します。

疲れから来る体臭には「しじみ」と「レモン」!

疲労がたまると肝臓の機能が低下し、アンモニアが血中に流れ出て汗や肌からアンモニア臭が漂うようになります。コレを解消する食事でおすすめなのはオルニチンを多く含むしじみやえのき茸を食べること、また疲労回復を助けるクエン酸を含む酸っぱい果物を食べるといいでしょう。この季節なら柑橘類が豊富ですね。酢の物も疲労回復を促してくれます。

ニオイの解消には、しっかり入浴をする、肌や口内の清潔を保つなどさまざまな方法がありますが、もっと自信をもって快適に過ごすために、食事にも注意して、内側からの消臭ケアを心がけてみてください。

お話を伺ったのは...
ライフスタイルジャーナリスト/エディター・吉野ユリ子さん
美容関連の企画制作会社、ハースト婦人画報社を経てフリーに。女性誌や広告を中心に、ビューティ、ウェルネス、インタビュー、書評、インテリア、結婚&恋愛、旅、食などの分野で編集・執筆に携わる。プライベートではトライアスリートとしてアイアンマンを3度完走。

photo : Shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。