ヘルスケア・ダイエット

お尻&太ももが冷たいのは要注意!憎きセルライトの回避策3つ

お尻&太ももが冷たいのは要注意!憎きセルライトの回避策3つ

お尻や太ももに触れて、冷たい...と感じたことはありませんか? この冷えを放置すると、セルライトができてしまう可能性が...。"時すでに遅し"とならないように、太ももとお尻の冷え対策をご紹介します!

太もも&お尻はとにかく"冷える"と意識!

筋肉には体温を作り、維持する働きがありますが、太ももやお尻は、もともと脂肪が多く筋肉が少ないため他のパーツよりも冷えやすく、温まりにくいのが特徴。とくにお尻は、毛細血管も多く、運動不足や座ったままの姿勢が原因で、血行不良になり、冷えを感じやすくなります。
また、ホルモンバランスも冷えと密接な関係にあります。生理前や過剰なストレスを感じると、女性ホルモンが乱れ自律神経の働きが低下し、下半身の血流が悪くなります。生理中は腹部の血の巡りが悪くなるため、腰から足にかけて冷えを感じやすくなります。

冷えの放置が、やがてセルライトの温床に...!

太ももやお尻の冷えを放置しておくと、老廃物の運搬がスムーズに行われないため、むくみや代謝低下を引き起こします。そして脂肪細胞に老廃物や水分が付着し、頑固なセルライトとして定着してしまうことに。セルライトができてしまうと、血行が悪くなるため下半身の冷えを生み出し、更にセルライトができるという負のループに...。とくに日中デスクワークの人は長時間座っている姿勢がお尻と太ももの血流を圧迫し、血液の巡りが悪くなるので要注意です。

即取り入れたい!太もも&お尻の冷え対策

今日からすぐに血流がUPする冷え対策を取り入れることが、太もも&お尻のセルライトを回避する近道ですよ!

・内臓を温める
内臓が冷えると、足まで血液が巡らず、冷えてしまいがち。腹巻や温かい飲み物を飲んでお腹から温めることが大切です。

・湯船の中で太ももマッサージ
湯船に浸かることで身体全体が温まり、冷え改善を期待できます。太もものマッサージを行うと、さらに効果的ですよ。

1. 湯船に浸かり、鼠径部を親指以外の4本の指で円を描くように10秒ほどマッサージします。
2. 膝から鼠径部に向かって、両手の指すべてを使って揉みほぐすように太もも全体を10秒ほどマッサージします。1〜2を反対側も同様に行います。

・スクワット
屈伸運動によって繰り返し筋肉を動かすことで、下半身の血流を良くし、冷えを溜め込みにくい身体を作ります。ポイントはゆっくり行うこと。まずはできる回数から始めましょう。

寒いこの時期は、特に冷えが進行しやすいので注意が必要です。自信をもって脚を出せるように、放置せず、毎日続けることを心がけてくださいね♪

お話しを伺ったのは...
渋谷DSクリニック
ダイエット・肥満治療専門クリニック。ドクターをはじめ、管理栄養士・漢方薬剤師・整体師・看護師など各分野の専門家たちによる複合的なアプローチで、科学的根拠に基づいたリバウンドのないダイエットを提唱。

●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。