ヘルスケア・ダイエット

痩せ体質はここで決まる!スタイル美人が実践する「冷蔵庫ダイエット」って!?

痩せ体質はここで決まる!スタイル美人が実践する「冷蔵庫ダイエット」って!?

今注目のダイエット方法、「冷蔵庫ダイエット」をご存知でしょうか? やり方は簡単、冷蔵庫に入れるものを変えるだけ。...というのも「冷蔵庫の中身=あなたが食べるもの」だから。冷蔵庫があなたの食事を司っているというわけです。運動なし、食事制限なし、リバウンドなしというこの方法、一気にマスターして痩せ体質をゲットしましょう! 

冷蔵庫の中身は把握できている?

冷蔵庫に何が入っているかわからない! という人は案外多いもの。在庫を忘れて同じものを買い足してしまったり、気がつけば賞味期限ギリギリになっていたりして、慌てて食べきった経験がある人もいるのではないでしょうか? こんな食べ方が、結果的に必要以上に多く食べてしまう原因になっているのです。まずは冷蔵庫を整理して、自分の冷蔵庫に何が入っているかを把握すること、そこから始めましょう。

漠然としまうのではなく、定位置を決めよう。

栄養バランスのとれた食事こそが、ダイエットの近道。でも料理の時に常に栄養のバランスを考えなくてはいけないとなると、料理も億劫になりますね。そこで、冷蔵庫の中にルールを作り、「野菜ゾーン」「肉魚ゾーン」「乳製品ゾーン」「アルコールゾーン」、そして廃棄を避けるための「残り物ゾーン」というように、食材の種類ごとに置く場所を決めておきます。同じゾーンばかりから食材が減っていく時は、食事のバランスが悪い証拠。また買ってきたものが定位置に入り切らない時は、そのジャンルのものを買い過ぎたということ。このように、定位置を決めると食事や買い物の傾向がひと目で分かるようになります。

見やすく取り出しやすい場所に、ダイエットサポート食材を。

冷蔵庫を眺めながらレシピを考える人も多いと思いますが、栄養価が高くて、太りにくい食品を目につきやすい場所に入れておけば、使用頻度が上がり、ダイエットの助けになるでしょう。例えば豆腐や厚揚げなどの大豆製品、もずくやわかめなどの海藻類、こんにゃくや白滝などは特等席に常備しましょう。

野菜室には、野菜以外は入れない。

野菜室に、ペットボトルのジュースやワインなどを入れていませんか? でも、野菜室は野菜だけでいっぱいにするのが痩せ体質への近道。栄養のバランスを考え、きのこコーナー、葉物コーナー、大物(白菜やキャベツなど)コーナー、香草コーナー、イモ類コーナーというふうにさらに細かく定位置を分けておくと、バランスよく食べることができます。

代わりにこれを買おう! 「痩せる冷蔵庫」のためのお買い物リスト

味覚や満足度は似ているのに、糖分や脂肪分にずいぶん差のある食べ物があります。例えば、甘いものが食べたい時はケーキの代わりに脂質が少なく食物繊維が摂れるフルーツや焼き芋を、濃縮還元ジュースの代わりには食物繊維やビタミンが多く残っているストレートジュースを、ヨーグルトの大きなパックの代わりには食べ過ぎや糖質を抑えるための小分けタイプや無糖タイプを選びましょう。また市販のドレッシングや焼肉のタレは糖分や脂肪分がかなり多いので、豆板醤やマスタード、ナンプラーなど、少量で味にアクセントをつけられる調味料で代用するのがおすすめです。

これまでただなんとなく食欲に任せたり、料理をする上での手軽さや彩りだけで冷蔵庫から食材を取り出していた人はぜひ見直しを。冷蔵庫に何が入っているか、そしてそれが太るものか痩せるものか、どういう栄養価のあるものかなどを把握していれば、買い物の仕方も、食べるものの選び方も、ガラッと変わるはず。自然と痩せ体質へと改善されていきますよ。

参考文献:村山彩著『やせる冷蔵庫』(サンマーク出版)

お話を伺ったのは...
ライフスタイルジャーナリスト/エディター・吉野ユリ子さん
美容関連の企画制作会社、ハースト婦人画報社を経てフリーに。女性誌や広告を中心に、ビューティ、ウェルネス、インタビュー、書評、インテリア、結婚&恋愛、旅、食などの分野で編集・執筆に携わる。プライベートではトライアスリートとしてアイアンマンを3度完走。

photo:shutterstock
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。