ヘルスケア・ダイエット

横から見た私、分厚くない!?「スローえびぞり」で集中背中痩せ♡

横から見た私、分厚くない!?「スローえびぞり」で集中背中痩せ♡

スラリと細身の人は、必ずといっていいほど横幅が「薄い」。その差を分けるのは、実はセナ肉(=背中の脂肪)にありました!

背中にお肉がつきやすい理由は、猫背にあり!

デスクワークや、下を向いてスマホを見るなど、猫背になりやすい生活習慣を抱える私たち現代人。背中を丸めて前かがみになる姿勢が習慣化してしまうと、背中の筋肉が衰えて脂肪がつきやすくなってしまいます。そこで今回は、意識することが少なく、使うことのない背中の筋肉を刺激し、効果的に脂肪燃焼を狙うためのエクササイズをご紹介します。

<スローえびぞりのやり方>

丸めてしまいがちな背中を反らして背筋を強化! エクササイズのポイントとなるのは腕。常にこのように肩甲骨を寄せた状態をキープしましょう。肩甲骨周りにある褐色細胞を刺激することで代謝を上げ、脂肪燃焼を狙います。

肩甲骨は寄せた状態に

1. まずはうつぶせになり、足は床につけたまま、両ひじを曲げて息を吸いながら肩甲骨を寄せつつ背中を反らします。

うつぶせになり背中を反らす

お腹を持ち上げるイメージで行うと上半身を大きく起こすことができ、効果的に背中を刺激できます。

2. 1の状態を5秒キープしたら、息を吐きながらゆっくりと下に戻す。

息を吐きながら下に戻す

ゆっくりと上半身を戻すのがポイント! 背中が丸まらないように気をつけながら行いましょう。

1〜2を5回繰り返し、それを1セットとし×2セット。合計10回を目安に行いましょう!

背中がスッキリすると、後ろ姿が一気に若々しく見える! 現代人の美容の敵・猫背を撃退して華奢なカラダを手に入れましょ♪

●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

大西マリコ

大西マリコ

ライター/ウエルネスデザイナー

美容ライターのアシスタントを経てフリーライターとして独立。現在は、前職までのWEB制作と編集のスキルを生かし、WEBメディアを中心に美容・ダイエット記事から毒舌コラムまで幅広く執筆中。また、美容オタクな面とウエルネス資格により企業へのアドバイスも行う。自称、絵が描けてコーディングもできるWEBに強いライター。

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。