ヘルスケア・ダイエット

61kg→48kgにした食事法!人気ダイエットブロガーこまちさんが教えます!

61kg→48kgにした食事法!人気ダイエットブロガーこまちさんが教えます!

炭水化物抜きダイエットやジュースクレンズなど...さまざまな食事法のダイエットが巷にあふれる昨今。でも毎回「リバウンドをしてしまう...」と悩んでいる人も多いはず。そこで、次のダイエットが本当に最後になるかも!? というダイエット必勝の食事法をご紹介。教えてくれるのは、自身のダイエット情報を赤裸々に書いたブログ『こまち ダイエット ログ』が人気の、ダイエットブロガーこまちさんです。

リバウンドしてしまうのは食べていないから?

やみくもにダイエットを行っていた時期を経て、こまちさんは正しい知識を勉強し実践してみたところ、体重13kg減、体脂肪14%減に成功。
「ダイエット=食事を減らすというイメージがありますが、極端な食事制限はエネルギーが慢性的に不足してしまうため、身体が危機感を覚え、結果的に代謝の低下を招き、痩せにくく脂肪を溜め込みやすい身体を作ってしまいます。私自身もこのことを知らなかった時は、摂取カロリーを大幅に減らしたり、おかゆしか食べなかったりして、リバウンドを繰り返していました」

食事制限ではなく、食事改善!

「体重13kg減、体脂肪14%減に成功した食事法は、マイナスにするところはマイナスに、プラスにするところはプラスにする、栄養バランスを重視した方法でした。 "We are what we eat (私たちの身体は食べたものでできている)"というアメリカのことわざを常に頭に入れながら、必要なものは食べ、不必要なものは食べないことを意識したのです。食事を制限するのではなく、食事改善をするという考え方です。
私がこの方法を実践したのは30歳を過ぎていて、基礎代謝も筋肉量もどんどん減っていく年齢だったので、とにかく代謝と筋肉は減らさないと心に決めたのです。これがいい結果へとつながり、最後のダイエットになりました」

こまち流のダイエット必勝食事法とは?

1 PFCバランスを重視する

とある日のこまちさんの朝食。PFCバランスがばっちり!

「PFCバランスとは、P:Protein(タンパク質)/F:Fat(脂質)/C:carb(糖質)のバランスのこと。この3つの栄養素をバランス良く摂ることで、身体はスムーズに本来の働きを取り戻し、キレイに痩せることができます。
ダイエットはキレイになりたくて行っているわけですから、せっかく痩せても肌がボロボロになって、老け見えしてしまっては意味がありません。だからこそ、PFCのバランスは大切! 私はPFCバランスを意識して食べることで、肌の調子も体調も便通も良くなりました」

【PFCバランスを知るための計算式】

タンパク質:体重×1.5g
脂質:体重×0.8g
糖質:体重×3g
「正直計算はめんどうですが、このひと手間が成功につながると信じて! 私は『あすけん』というアプリで目安の数値を計算して実践していました」

2 プロテインでタンパク質を摂取

「必要量のタンパク質を摂取するには、肉や魚、大豆製品など、タンパク質含有量の高いものを摂取すればいいのですが、これらにはもれなく脂質やカロリーもついてきます。摂りすぎてしまうと、PFCのバランスがオーバーしてしまうことも...。そこで活躍したのが、プロテインです。効率良くタンパク質だけを摂取できますのでとても便利でした。
脂質や糖質は、希望するしないに関わらず身体が貯蔵してくれますが、タンパク質は体内に貯蔵できずすぐに分解されてしまうため常時補給が必要。プロテインなら、水で溶かすだけで手軽にタンパク質を摂取できるので、忙しい朝などに重宝します」

3 白米を玄米に変える

「糖質制限で体重を落とすことに成功しましたが、糖質を摂ったらまた太ってしまうのでは? と糖質恐怖症になり、一生は続けられないと断念したことがあります。でもそもそも糖質で太ってしまうのは食べ過ぎるから! 適量を摂る分には問題ありませんし、むしろ必須栄養素のひとつ。そこでせっかく糖質を摂るならばと思い、白米を玄米にシフトしました。

とある日のこまちさんのお弁当。ご飯はもちろん玄米です。

玄米は、血糖値が上がりにくい低GI食品で、ダイエットとも好相性食材。そして、その栄養価の高さから完全栄養食とも言われています。今は、炊飯器で手軽に炊けるタイプもあるのでカジュアルに取り入れられますよ」

4 食事回数を増やす

「よく驚かれるのですが、食事の回数を増やすことはダイエットにおすすめです。ボディビルダーの方が実践している"少量多食"という食事法です。この方法は、
①代謝低下を防げる
②空腹の時間が短い
③我慢している感がないので続けやすい
④身体が脂肪を溜め込まなくなる
というメリットがあります。私の場合は1日6食にしました。といっても、トータルの摂取カロリーは増やさず、小分けにするだけです」

【食事内容一例】
1回目:起床後  6:00 プロテイン
2回目:朝食   7:30 玄米、納豆、味噌汁、オムレツ
3回目:補食  11:00 玄米おにぎり、またはお弁当の半分を早弁
4回目:昼食  12:45 お弁当
5回目:補食  16:00 果物 or ナッツ or ヨーグルト
6回目:夕食  19:00 タンパク質メインの夕食(おかずのみ)

「私が過去のダイエットに失敗してきた敗因は、食べ物を我慢し、それがとても辛かったこと。少量多食を実践すると、お腹が空いたとしてもあと1時間で食べられる! と思い、空腹感と戦わずに済みました。ダイエットは継続がすべてです。私と同じように空腹感に耐えられない、食べ物を我慢することが辛いと思っていた人にはおすすめの方法です」

こまちさん自身が成功した食事法、いかがでしたか? こまちさんが"最後のダイエット"になったように、あなたにとっても最後のダイエットになるかも!?

お話を伺ったのは...
ダイエットブロガー・こまちさん
ダイエット歴は20年。「人生で一番勉強したのは、受験勉強よりもダイエット!」という、ワーキングマザーブロガー。ダイエットに悩む女性のお手伝いができればと始めたブログで、ダイエットの情報を発信し、そのリアルな内容に共感者続出している。

photo:shutterstock(1枚目),こまちさん
●当記事は、編集部取材に基づいた情報です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。