ヘルスケア・ダイエット

デスクワークはお尻がこる!?簡単エクサで解消すれば下半身太りも撃退!

デスクワークはお尻がこる!?簡単エクサで解消すれば下半身太りも撃退!

デスクワークで毎日長時間座りっぱなしという人も多いはず。座った姿勢が続くと猫背になりやすく、そけい部に負担がかかります。その結果、むくみや老廃物がたまる原因に。また血流も悪くなるため、下半身が冷えたりお腹まわりに脂肪がつきやすくなったりと、様々な悪影響が。また、長時間座っていることでお尻の筋肉が固まりコリを生じさせます。コリはセルライトを引き起こすので、放っておくのはNG! そこで今回は、そけい部の負担&お尻のコリを解消する方法を紹介します。

仕事中&帰宅後に取り入れたいお尻のコリ解消法

仕事などで座る時間が長くなってしまう人は、勤務中に以下のことを意識すると、冷えやむくみ、下半身太りを防ぐことができますよ。
・座る際は、お腹を腰に引き寄せるドローイング状態をキープし、下半身に負担をかけないようにする。
・こまめに立ったり歩いたりする

さらに帰宅後は、エクササイズで凝り固まったお尻の筋肉をゆるめてあげましょう。

1. 仰向けになり、ひざを立てます。

2. 右くるぶしを左脚の上に乗せます。

この時、右ひざと左ひざが横一列に並ぶよう、両手で右太ももとひざをゆっくり前に押し出すのがコツ。股関節やそけい部がほぐれますよ。

3. 両手を床にそえ、ゆっくりお尻を床から離します。10呼吸キープしたら、腹筋&背筋を使って背骨からゆっくり床に戻し、最後にお尻を戻します。脚を入れ替え、反対側も同様に行いましょう。

肩からひざまでが斜め一直線になるのが理想なので、お尻が下がり過ぎないように注意。座った姿勢で縮んだお腹を腰が押しあげ、伸ばすイメージで。目線はおへそのあたりに向けると、首や肩のストレッチにもなり◎!

多くの弊害を招き、負のスパイラルを引き起こすお尻のコリ。きちんと解消して、下半身悩みと決別してくださいね。

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

森和世

森和世

YOGAエクササイズディレクター/株式会社ボディクエスト

ボディクエストでは自らが企画制作する、誰でも簡単・効果的に実践できるワークアウトコンテンツを多数提供。スタジオやスポーツクラブなどでYOGAインストラクターとしても活躍。さらに、より一人ひとりの潜在能力を引き出すカウンセリング方式の少人数制パーソナルYOGA「YogaQuest」も主宰。 明るく丁寧な指導や、ココロとカラダの一体感を重視する真摯な姿勢で高い評価を得る。
ブログ Facebook

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。