ヘルスケア・ダイエット

シジミの7倍のオルニチン!?二日酔いには身近なアレがおすすめ♪

シジミの7倍のオルニチン!?二日酔いには身近なアレがおすすめ♪

忘年会シーズンの12月。お酒を楽しむ機会も増え、連日二日酔いに悩まされている方も少なくないのでは? そんな方必見♪ 実はシジミよりも肝臓に優しい食材が身近にあるのです!

きのこはシジミよりも肝臓に優しい!?

飲酒後など、肝臓をいたわりたい時にお馴染みの「シジミ」。お吸い物やお味噌汁にして愛食している方も多いと思いますが、そもそもシジミが肝臓に良いとされるのは"オルニチン"というアミノ酸が豊富に含まれているから。オルニチンは肝臓の代謝や解毒作用を促進してくれる効果が期待できるので、シジミを摂取することで翌日の二日酔いが軽減すると言われているのです。

実はそんなオルニチンをより多く摂取できるのが「きのこ類」。シメジやエノキ、エリンギやマイタケなどのきのこ類には、なんとシジミの5〜7倍ものオルニチンが含まれています。例えば、シジミ100g当たりに摂取できるオルニチン量が20mgなのに対し、ブナシメジは140mgと約7倍*! 身近な食材のきのこがシジミよりも肝臓に優しい食材だったなんて驚きませんか?

気になる「むくみ」も同時に解消!?

きのこ類には、オルニチンの他にもビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。中でも特筆すべきは「カリウム」含有量。お酒を飲んだ翌日は「むくみ」が気になるものですが、シジミのお味噌汁だと味噌の塩分でよりむくみやすくなるのではと懸念してしまいますよね。その点、きのこ類に多く含まれる「カリウム」には塩分の排出や水分代謝を促進し、むくみを解消してくれるというメリットも♪ 肝臓をいたわりながらむくみもケアできるなんてとっても嬉しいですね。

外食でもコンビニ食でもOK!

シジミ料理はなかなか見かけないものの、きのこ類ならば和洋中とジャンルを問わず、多くの料理に使用されているのも魅力の1つ。サラダやパスタ、炊き込みご飯など、お酒を飲む時にはきのこがトッピングされている料理をチョイスしてみましょう! きのこソテーやきのこマリネなどのサイドメニューをお酒のアテにするのも◎。スーパーやコンビニできのこスープを手に入れ、就寝前に飲んでおくのも二日酔い防止におすすめですよ♪

年末に向けてお酒を飲む機会が増えるこの季節。きのこ類でしっかりと肝臓ケアしながら、楽しく健康的に忘年会シーズンを乗り切りってくださいね♪

*日本肥満予防健康協会(JOPH)より

photo:shutterstock
●当記事の情報は、プレゼンターの見解です。また、個人によりその効果は異なります。ご自身の責任においてご利用ください。

平林玲美

平林玲美

体質改善ダイエットアドバイザー/フードアナリスト

「食」に恋するダイエットアドバイザー。トレンドに囚われず、身体本来の機能を高めて内側から美しくなれる食事法を普及すべく活動中。食にまつわる美容・健康情報や、今日から取り入れられる簡単ダイエットテクを発信する他、体質改善を目的とする独自ダイエットメソッドの個別指導も行っている。ブログ

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。