ヘルスケア・ダイエット

どこをゴールにする? ダイエットを見直してみよう

どこをゴールにする? ダイエットを見直してみよう

 ダイエット...女性だけでなく、男性も気になる言葉ですよね。けれど、やせる必要のない人までが「ダイエットしなくちゃ」と言っていると、あれ?と思ってしまいます。自分の体型をよく見たり、他人に聞いたりして、行き過ぎたダイエットはしないようにしましょう。

 ダイエットの語源は、ギリシャ語の「diata」からだと言われています。これは、「生活様式」「生き方」という意味。「減量」や「痩身」という意味はなかったんですね。現代のダイエットの本来の意味は、健康的な体型になるための食事療法のこと。だから、やせすぎの人にとっては、たくさん食べることもダイエットと呼んでいいのだとか。意外に思った人もいるのではないでしょうか。

 20~30代の働く女性に、どんなダイエットをしているか聞いてみました。みなさん、健康を意識しているようですよ。

「以前は『マイナス◯kg』と目標体重を設定していたのですが、体重は自分が言わなければまわりの人にはわかりませんよね。数字を意識すると、それを達成しようと無理しちゃうことがわかったので、今は身体のバランスを見ながら、やせたい部分だけ集中してエクササイズするようにしています」(20代ファッションデザイナー)
「大好きなモデルさんが『ダイエットの敵はがまん!』と言っていました。彼女は、よくブログにおいしそうにごはんを食べる写真を載せていて、笑顔がすてきなんです。だから、自分もムリな食事制限はやめました。その代わり、よく噛んでゆっくり食べています。前より、料理をもっとおいしく味わえているような気がします」(20代カフェ店員)
「ダイエットというほどのものではないんですが、スナック菓子などの間食をやめました。これだけで体重が減りました。朝ごはんがおいしく食べられるようになったし、『また食べちゃった...』という罪悪感がなくなったので、ストレスレスです」(30代編集)

 毎日を生きいきと過ごすためのダイエット、もう一度考えてみませんか?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。