ヘルスケア・ダイエット

大人気のランニング! 正しいフォームではつらつと

大人気のランニング! 正しいフォームではつらつと

  全国各地でいろいろな大会が開催され、海外の大会に出かける人もいるランニング。初心者でも、タイムを競わずに楽しく走る「ファンラン」ができることから人気が高いようです。

 誰にでもできる簡単な運動と思いがちですが、間違ったフォームで走っていると、ひざや腰を痛める原因になるそう。資生堂のサイト「ヘルスケアキャンプ」では、正しいランニングのフォームを次のように説明しています。


 正しいフォームのポイントは、姿勢と目線です。目線を上げることで猫背になりにくく、自然と胸が張れて、姿勢がよくなります。悪い姿勢で走ると、身体が安定せず、着地点がバラバラになり、疲れやすくなるし、ひざへの負担も大きくなってしまいます。

 まず、腕を肩の高さに上げたときの手の先が正しい目線の位置です。姿勢が悪くなってきたら、腕を上げて目線の位置を確認しましょう。そして、片手でお尻を支え、もう片方の手をお腹にあててへこませ、姿勢を正します。その状態が正しいフォームの基本です。

 正しいフォームが身につくと、疲れにくくなり、楽に走れるようになるとか。また、笑顔で走ることも、軽やかに走れる大切な要素。仲間と雑談しながら楽しく走ることが、気持ちのいいランニングにつながるみたいです。
 
 ランニングをこれから始めたい人はもちろん、もう実践中の人も、今一度正しいフォームを確認してみましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。