ヘルスケア・ダイエット

オフィスが寒すぎる...「冷房病」にご注意を!

オフィスが寒すぎる...「冷房病」にご注意を!

 本格的な夏はまだ始まっていませんが、すでに冷房なしでは過ごせない暑い日もありますね。涼しいのはうれしいのですが、冷えすぎの通勤電車やオフィスをつらく感じることはありませんか?

 多くの女性は、スーツ姿の男性に比べて薄着。脚や腕を出す夏のファッションを楽しんでいると、冷気の影響を受け、「冷房病」になりやすいと言われています。

 冷房病とは、冷房の効いた場所で長時間過ごすことにより自律神経が乱れること。人間の身体は、皮ふの下の血管を拡張したり縮小したりすることで、気温の変化に対応しているのですが、冷房の効いた寒い部屋と室外とに温度差があると、それに対応しきれなくなってしまうそうです。その結果、風邪や頭痛、倦怠感などの症状につながることも。

 室内と室外の温度差をなるべく少なくすることがいちばんですが、オフィスなど自分の意思だけでは温度設定を変えられないことも。そんな場合は、薄手のカーディガンを羽織ったりひざ掛けを使用するなど、体を冷やさないよう、また冷風を直接肌に当てないようにしましょう。ほかには、長時間同じ姿勢でいると血行が悪くなるので、こまめに休憩をとり、ストレッチなどをして身体を動かすこともおすすめです。

 さらに、暑いからといって冷たいものばかり飲んだり食べたりしているとますます身体が冷えてしまいます。温かい飲み物や食事をとることも大事。自宅に帰ってからは、シャワーだけで済ませずにゆっくりと入浴して身体を温めるのもいいですね。これらは、冬の冷え性対策と同じですが、簡単にできる対策をふだんから心がけましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。