ヘルスケア・ダイエット

「熱中症」予防のために メカニズムを知っておこう

「熱中症」予防のために メカニズムを知っておこう

 近年、夏に熱中症を発症する人が増えていることから、今年は7月を「熱中症予防強化月間」と定め、健康を害することがないように環境省が広く注意を呼びかけました。まだまだ暑い毎日が続くこの夏、あらためて熱中症のメカニズムや、予防・対策をおさらいしてみましょう。

暑さなどで、身体の中の水分や塩分(ナトリウムなどの電解質)のバランスが崩れたり、体温の調整機能がうまく働かなったりすると、熱中症が引き起こされます。

 熱中症は、野外の炎天下だけで起こるわけではありません。一般的には、最高気温が25度を超えるとかかりやすくなると言われていますが、気温がそれ以下でも、湿度が高い日や風が弱い日、急に暑くなった日なども注意が必要。また、熱がこもりやすい車の中や、熱帯夜で寝苦しいときなど、屋内で熱中症が起こることも多いそうです。

 熱中症にならないためには、のどがかわいたと感じる前から、こまめに水分をとることが大切です。また、汗をかいたときには、塩分もとりましょう。水分と塩分をバランスよく摂取するには、スポーツドリンクや経口補水液がおすすめです。外出の際には、帽子や日傘を利用したり、日陰を選んで歩いたりして、直射日光を避ける工夫を。熱のこもらない涼しいファッションをするのもいいですね。

 めまいや立ちくらみ、筋肉の痛み、汗が止まらない、頭痛や吐き気、倦怠感や虚脱感といった症状があらわれたら、熱中症のサインです。まずは涼しい場所ですぐに休んで、衣服をゆるめ身体を冷やし、水分と塩分を補給しましょう。

 熱中症は予防することが可能です。蒸し暑い日は無理をせず、いつもより多く休憩時間をとるなどして、身体に気をつけてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。