ヘルスケア・ダイエット

寝だめはNG! 良質な睡眠をとるには就寝前の体温がポイント

寝だめはNG! 良質な睡眠をとるには就寝前の体温がポイント

休日に昼寝をしたり、1日中寝てたっぷり睡眠をとったはずなのに、なんだか身体がだるい、こんな経験はありませんか?

 寝だめすると精神的には、満足できるかもしれませんが、身体にとっては、それほどいい効果はもたらさないよう。それよりも、なるべく毎日同じ時間に起床、就寝し、一定のリズムをつくることが理想。体内時計を整えることが大事なのです。

 これは、睡眠と体温が密接に関係しているからです。体内時計に乱れがないと、それぞれの人のなかで固有のリズムが生まれます。このリズムに合わせて、体温が低い時間帯、とくに体温が下降していく時間帯に眠るようにすれば質のよい睡眠がとれるのです。

 眠りにつく前の赤ちゃんの手足を触ったことがあるでしょうか。ぽかぽか暖かくなるのですが、これは眠りにつくために、皮ふから熱を逃して体温を下げているからだと考えられています。

 大人の場合は、意識的に熱を逃がすことを心がけたほうがよいそう。就寝前にぬるめのお湯につかったり、足湯を使って身体を温めたりすることが放熱することにつながります。また夕方に軽い運動をすることも同様の効果が得られるそうです。もう少し詳しく説明すると、身体を温かくすることで、末梢血管を拡張させ、手足の表面からの熱放散を増やす仕組みになっているのです。その結果、身体の内部の温度が低下し、眠りにつきやすくなるというわけです。

 ここで気をつけたいのが、身体を温めすぎないこと。深部体温が上がってしまっては、逆効果なので、注意しましょう。

 質のよい睡眠は、身体の疲れをとるだけでなく、美容効果ももたらしてくれます。皮ふの再生を行う成長ホルモンは、眠りに落ちてすぐの時間に最も多く分泌されるとか。就寝する時刻をだいたい一定にして、夜更かしは避けること。そうしないと、ホルモンバランスやターンオーバーが乱れる原因になり、乾燥やシワなど肌トラブルにつながる可能性もあるそうです。

 きちんと睡眠をとって、眠っている間に分泌される成長ホルモンを“美肌”に結びつけましょう。毎日の睡眠はあなたの味方です。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。