ヘルスケア・ダイエット

迎い酒、入浴、運動は逆効果 二日酔い対策は水分補給と安静

迎い酒、入浴、運動は逆効果 二日酔い対策は水分補給と安静

ビールのおいしい季節。もしかすると、お酒の量が増えてしまう季節でもあるかもしれません。せっかく飲み会で楽しんでも、翌日に二日酔いで苦い思いをするのは避けたいですね。でも、ついついやってしまうことも…。

 大量にアルコールを摂取し、肝臓で十分に処理されないまま翌日を迎えること、これが二日酔いです。頭痛や胸やけなどの症状が現れ、さらには飲みすぎたことへの後悔から気分も沈んでしまいがち。

「二日酔いを早く治すには迎い酒がいい」と言われますが、実はこの方法はNG。二日酔いの状態でまたお酒を飲んで、少し楽になった気になるのは、血液中のアルコール濃度が高まって感覚が麻痺しているから。これでは逆に身体に負担がかかり、アルコール依存症へとつながる危険性も否定できないそうですよ。

 飲みすぎで気分が悪いときは、身体は水分が失われた状態になっているので、水分をたくさん補給しましょう。体内に吸収されやすいスポーツドリンクがおすすめです。また、レモンやオレンジなど、二日酔いの原因物質「アセトアルデヒド」の分解に役立つビタミンCを多く含む果物もいいみたい。

 二日酔いに即効性のある治し方はないので、代謝に必要な血液を肝臓に集めるために安静にしておくのがいちばんだそうです。入浴や運動も逆効果なので控えてくださいね。

 適度な飲酒は、血液の循環をよくし、身体の疲れを癒してくれます。ほどほどなお酒で気分よく飲んで、翌朝もすっきり健康に過ごしましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。