ヘルスケア・ダイエット

かゆみ&炎症予防 蚊に刺されたらすぐに水で洗おう!

かゆみ&炎症予防 蚊に刺されたらすぐに水で洗おう!

  夏は蚊の季節。ただかゆいだけなんてあまく見ていると、ひどくかきすぎて炎症を起こしてしまったり、傷口に細菌が入って化膿してしまったりすることも。かゆみを早く抑えるためにも、正しい対処法を知っておくことが大切です。

 まず、蚊に刺されたときは、刺された部分を水で洗い清潔にすること。かゆいところは流水や氷で冷やすとかゆみが治まります。とにかく、かかないように注意しましょう。かゆみが続く場合は、市販のかゆみ止めを塗って抑えるように。

 また、シーンによって虫よけ対策は変わります。たとえば、登山やキャンプなどのアウトドアの場合は、できるだけ肌の露出をしないようにし、服は黒っぽい衣類を避けること。これは蚊が濃い色を好むと言われているからです。手や足、首などはどうしても露出してしまうので、虫よけ剤を使用しましょう。そして、汗をかいた肌は蚊が近寄りやすいため、汗をかいたらこまめに拭くようにしてください。

 屋内で過ごす日常生活にも注意が必要です。まず、網戸を利用して蚊の侵入を防ぎましょう。最近見かけることの多い、ベランダや玄関先にかけておくタイプの虫よけも便利。これは風通しのいいところにかけておきましょう。そうすると、薬剤が散って効果が上がるそうです。電子蚊取り器や線香タイプの虫よけを使う場合は、くれぐれも火事にならないよう置く場所や使用時間にも気をつけましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。