ヘルスケア・ダイエット

仕事の効率も上がる!? 疲れない椅子の選び方と正しい座り方

仕事の効率も上がる!? 疲れない椅子の選び方と正しい座り方

 オフィスで椅子に座っている時間が長い人は多いと思います。椅子が身体に合わないと、落ち着かないだけでなく、作業効率をダウンさせてしまったり、疲労感が増してしまったり。椅子を選ぶときには、使うシーンを考え、自分の身体にフィットするものを選ぶのが重要です。

 みなさんは、椅子を選ぶときにどこを見て選びますか? デザインのよさにひかれるのも当然のことですが、まずは、クッションの硬さに注目しましょう。やわらかすぎたり硬すぎたりすると、血行が悪くなるだけでなく、姿勢がくずれて腰にかかる負担が増えてしまいます。椅子に深く腰をかけたとき、ひざが上がっていないか、猫背にならないか、太ももに余計な圧迫がないかなどをチェックしましょう。

 また、椅子選びには、座高や座面、奥行き、アームの高さなどがきちんと身体に合っているかも大切。机と椅子がセットで販売されているものは、身体に合うように組み合わせているものが多いですが、中には自分に合わないサイズも。そんなときは、別途、最適な椅子を探すとよいでしょう。

 もちろん、職場の場合、あらかじめ用意されたものを使うことも多いですよね。その場合も机の高さに合っているか、高さが調節できるか、クッション性はどうかなどを確認して、自分用にカスタマイズ。グッズなどを使用して可能な限り自分に合うようにしていきましょう。

 そして、正しい座り方のポイントも確認です。

●ひざをつける

太ももをそろえてひざをつけます。

●ひざの角度は90度

ひざから下を自分の方に引くような気持ちで、ひざ下の角度は90度に。

●お尻と腰も90度

お尻を後ろに引いて、背中を立てます。

●おなかをまっすぐに伸ばす

背中とおなかをくっつけるようなイメージで。

●頭はまっすぐに

頭は前に出しすぎず、あごを引いて首の上にしっかりのるようにします。

「椅子に深く座る」「机と椅子の間を開けすぎない」ということを注意するだけでも、ひざと腰の角度が90度になって背筋が伸びるので、意識してみてください。

  椅子の選び方や座り方で、身体の不調の原因になることもあると言います。疲れない椅子を選んで、正しい座り方を実践! 仕事の効率が上がって、今より仕事のできる女性になれるかもしれませんよ。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。