ヘルスケア・ダイエット

塩分を控えて血管を若わかしく 今から始めたい食習慣の工夫

塩分を控えて血管を若わかしく 今から始めたい食習慣の工夫

最近、アラフォー世代での心筋梗塞が話題となったことを覚えている人も多いでしょう。若い世代での血管系疾患ということで、誰もが驚き、「自分は大丈夫かしら?」と心配になった人も多いのでは?

 血管系疾患が怖いのは、放っておくと命を奪われる危険性があるから。血管も年齢を重ねると老化するものですが、必要以上に老化しないようにしておくことが大事なようです。血管が若いと血のめぐりがよいため、身体中に酸素や栄養がいきわたります。そして、肌のハリやツヤも良好になるとか。

 では、血管が老けていく原因とは何なのでしょうか?

 その一つは、「偏った食事」だそうです。とくに塩分の多い食事がNG。なぜなら、塩分を多くとると、血中のナトリウム濃度が上がってしまい、血管壁の細胞にナトリウムがたまることに。そしてこれによって、血管は硬くなり、動脈硬化を引き起こす原因にもなるそうです。

 また、上がったナトリウム濃度を下げようと血液量が増加。その増えた血液を押し出すために心臓は強い力を必要とするので、血圧が上がってしまうのです。

 血管の老化を防ぐために、まず、毎日の食生活を見直し、塩分の過剰摂取に気をつけましょう。便利だからといって、「加工食品」をとりすぎていませんか? 漬物、梅干し、つくだ煮などは控えめに。1日当り成人女性がとっていい塩分量は、7.5g未満が目安とされていますので、これを覚えておきましょう。

 また、食物繊維が多い食品で塩分を体外に出す工夫も。とくに豆類、きのこ類などに多い不溶性食物繊維を積極的にとりましょう。

 カリウムの多い食品も余分な塩分を排出してくれる成分。バナナ、アボカド、リンゴや、ほうれん草、サトイモ、じゃがいもなどの果物・野菜類、海藻類、きのこ類、豆類に多く含まれていますよ。

 その他にも、ダシやハーブをうまく料理に使って、うまみ成分や香りを味わったり、ラーメンなどの麺類のスープは残すように心がけたり、今から薄味の食事に慣れておくと、血管が老化する速度を遅くすることができそうです。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。