ヘルスケア・ダイエット

夏の冷えすぎ×秋の残暑=「秋バテ」? 自律神経の働きに注目

夏の冷えすぎ×秋の残暑=「秋バテ」? 自律神経の働きに注目

9月に入って涼しくなってきたというのに、「体調があまりよくなくて」という人はいませんか? 今年は全国的に暑い夏で、熱中症や夏バテの症状に悩まされた人も多かったと思いますが、暦が変わってからのほうが、「つらい」という人もいるようです。

 体がだるい、疲れがとれない、食欲がない、眠れない、胃腸の調子が悪い、めまいがするなど、いろいろなタイプがあるようですが、これはどれも「秋バテ」の症状なのだそう。人間の体は本来体温調節をするために、暑いときには汗をかき、身体の熱を放出。寒いときには血管を収縮させて熱を身体から逃がさないようにすることができますが、一日中空調の効いた部屋にいるなどの理由で、その機能が落ちていることがあります。

 夏に冷やしすぎた身体は、自分が思っているよりも血のめぐりが悪くなっているのだとか。そのため、今まで身体にかかってきた負担と、時折訪れる秋の残暑のせいで、秋バテが起きてしまうのです。

 これを解決するには、入浴などで身体を温め、血液の循環をよくすることもひとつのアイデア。寝る前にぬるめのお湯につかって、自律神経を正常な状態に戻しましょう。安静時や夜に活発になる副交感神経を働かせて、リラックスすることが心にも、身体にもよい影響をもたらします。

 また、3食きちんと食べるようにしましょう。そして、毎日決まった時間に起床し、就寝するということも身体が本来持っている働きを取り戻すことに役立つそうです。

 夏の間に遊びすぎたり、逆に遊びにもいけずエアコンで冷え切ったオフィスの中で1日中、仕事をしたり…規則正しい生活が送れなかった人は、芸術の秋、スポーツの秋、食欲の秋を満喫するために、今のうちに体調を整えておきましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。