ヘルスケア・ダイエット

ぐっすり眠るために…寝る前に避けたい5つの行動をチェックしよう!

ぐっすり眠るために…寝る前に避けたい5つの行動をチェックしよう!

 寝つけなくて困る、時間は足りているはずなのに目覚めがよくない、なんてことはありませんか? 今より“質のよい睡眠”がとれるよう、寝る前の習慣をチェックしましょう。できるだけ避けたい行動はこれら5つです。

(1)ケータイ、スマホ、テレビ、パソコンを寝る直前まで見ている

良質な睡眠の大敵はLEDの光です。これらの機器の液晶画面に使われるLEDは目を刺激して脳を活性化させてしまうそう。寝る1時間前には画面を見ることはやめましょう。

(2)電気をつけっぱなしにして寝る

人間は夜になり暗くなると睡眠と覚醒を切り替え、自然に眠ろうとするホルモンを体内に分泌します。けれど、まわりが明るいままだとこの切り替えがうまくいきません。気づいたら爆睡…なんてことがないように、疲れていてもきちんと寝る準備をし、電気を消して寝ましょう。

(3)夜、カフェインをとる

カフェインは交感神経を活発にさせます。その効果は4時間程度続くとされているので、たとえば23時に寝る人は19時にはカフェイン摂取を控えましょう。カフェインが含まれているものは、コーヒー、紅茶のほか、コーラ、ウーロン茶、緑茶などの飲み物や、チョコレート、ココア、栄養ドリンクなど。体内からスムーズに入眠できる環境を整えましょう。

(4)食べてすぐ寝る

消化と睡眠の両方が同時に行なわれると、どちらも中途半端に終わってしまうことになるそう。遅くとも寝る3時間前までには夕食を済ませておきたいものです。胃の消化が終了してからベッドに入れば、身体は眠りに集中でき、良質な睡眠を得やすくなります。

(5)寝る前に熱いお風呂に入る

リラックスして快適に眠れそうですが、気をつけたいのはお湯の温度。就寝時にゆるやかに体温が下がっていくと、睡眠モードにスムーズには入れるのですが、熱い湯につかると、寝る際になかなか体温が下がりません。そうすると、神経が興奮状態を持続してしまい、寝つきが悪くなる原因に。なります。寝る前の入浴なら少しぬるめの38~39度が適温だそうです。

 質のよい睡眠は美容にも健康にも大切。5つの事柄をチェックして、就寝前の生活を見直してみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。