ヘルスケア・ダイエット

インフルエンザと風邪の違いを知っていますか?

インフルエンザと風邪の違いを知っていますか?

 これから冬に向かって、インフルエンザが流行します。「風邪気味かな?」と思ったら、インフルエンザを疑う必要がある季節がやってきますね。

 インフルエンザと風邪の違いは何でしょう?

 普通の風邪の多くは、のどの痛みやくしゃみ、咳などの症状が中心。さまざまなウィルスによって起こるものです。一方、インフルエンザは「インフルエンザウイルス」に感染することで起こる病気。38度以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の症状が突然現れます。見分けにくい場合もありますので、具合が悪くなったら早めに診察してもらってくださいね。

 今からインフルエンザを予防する方法を知っておきましょう。

 まずは、流行前にワクチンを接種すること。日本ではインフルエンザは例年12月?3月頃に流行します。また、ワクチン接種による効果が現れるまでに2週間ほどかかるので、12月中旬までには接種しておきましょう。

 空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。オフィスなど、とくに乾燥しやすい室内ではこまめにうがいをしたり、加湿器などを使って湿度を保つといいですよ。

 そのほかにも、外出先から帰ってきたら手を洗う、十分な休養と栄養バランスのとれた食事をするといったあたりまえと思われることが大切です。

 身体が元気でないと、仕事や恋愛、おしゃれにやる気が出ませんよね。インフルエンザから身を守り、元気に冬を過ごしましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。