ヘルスケア・ダイエット

「末端冷え性」は手足ではなくお腹を温めて改善?

「末端冷え性」は手足ではなくお腹を温めて改善?

 気温が下がってくると、体調の悩みで多くなってくるのが「冷え性」。今回は、その中でも手足が冷える、いわゆる「末端冷え性」に注目してみました。

 身体は温かいのに、手や足だけが冷たいという症状は、手足の先までうまく血液がめぐらず、自分の体温と冷たい外気との調節がうまくできないことから起こっているようです。

 私たちの身体は、常に心臓から血液が送り出されています。健康な人よりも血液がドロドロだったり血管が細かったりすると、末端部分まで届かず、冷えを引き起こしてしまうのです。この末端冷え性は、さまざまな生活習慣病の入口とも言われていて、けっして軽く考えてはいけない症状のよう。

 では、末端冷え性を治すには、どうしたらよいのでしょうか。手足が冷たいので、その部分だけ温めればいいと考える人もいると思いますが、それだけでは改善されません。身体全体を温めることがポイントになります。

 まず、きちんとお風呂に入ること。お風呂は、全身を温めるだけでなく、冷たくなって収縮した毛細血管を広げ、血行をよくし、冷え性改善の手助けをしてくれます。面倒だといって、シャワーだけですまさないようにしましょう。

 そして、お腹を温めることがおすすめ。身体が冷えると、内臓が密集するお腹のあたりに集中的に血液が集まることになります。だから、お腹を温めておくことによって、末端まで血液がめぐるよう血行を改善させることができるそうです。「手足が冷たい」と思ったときは、まずお腹を温めてみてくださいね。

 そのほか、温かい食べ物をとる、適度な運動をするなども改善策としてあげられます。

 寒くなると毎年、手足の冷えに悩んでいたあなた。ひどくなる前に、これらのアイデアを試してみてはいかがでしょうか?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。