ヘルスケア・ダイエット

便秘にも効果? 朝起きたらアーユルヴェーダ式「白湯(さゆ)」を飲んでデトックス!

便秘にも効果? 朝起きたらアーユルヴェーダ式「白湯(さゆ)」を飲んでデトックス!

 中国では身体を冷やさないように、夏でも温かい白湯(さゆ)を飲む習慣があります。インドの伝承医学・アーユルヴェーダでも、白湯は身体を温めることで代謝を高めて、不要なものの排出を促すデトックス効果があると言われています。そこで今回は、アーユルヴェーダ式の白湯のつくり方と飲み方をご紹介します。

 きれいな水とやかんを用意したら、次の手順で白湯をつくります。水は浄水器を通した水道水や市販の水(軟水)でOKです。

(1)やかんにきれいな水を入れたら、ふたをして強火にかけて、換気扇も回す。
(2)沸騰したら、やかんのフタをとって湯気が出るようにして、大きな泡がブクブクと立つくらいの火加減に調節。そのまま10~15分ほど沸かし続ける。
(3)沸いた白湯をそのまま飲める程度(50~60度が目安)に冷ませば、でき上がり。

 アーユルヴェーダでは、自然界は「水(カパ)・火(ピッタ)・風(ヴァータ)」の3つの要素からできていると考えられ、このバランスをとることが大切と言われています。この方法で白湯をつくると、水・火・風の3要素を満たせるのだとか。

 白湯を飲むのに最も適したタイミングは、朝起きてすぐ。温かい白湯をコップ1杯(150mL程度)、10~15分かけて、少しずつすするようにして飲みます。すると、就寝中に停滞していた胃腸の動きが活発になり、消化力が高まります。全身の血のめぐりもよくなり、代謝がアップするほか、老廃物などの排出も促してくれるそう。

 白湯を飲むうちに便秘が改善されたり、吹き出物が出なくなったり、体重が落ちたりといった効果を実感する人もいるようです。手軽にできる便秘解消法として試してみては?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。