ヘルスケア・ダイエット

美しさの実感は質のよい睡眠から 覚えておきたい「冬の快眠術」

美しさの実感は質のよい睡眠から 覚えておきたい「冬の快眠術」

 1日のだいたい1/3~1/4を占める睡眠時間。健康と美容のために重要な意味をもつ時間なので、よりよく過ごしたいですね。

 ここに興味深い調査結果があります。質のよい睡眠の啓蒙活動を行う団体「いい寝!フォーラム」が今年10月、20代~60代の男女2400人を対象に「睡眠のメリットに関する意識調査」を実施しました。

 まず、睡眠の満足度に関する質問で「満足」と答えた人と「不満」と答えた人に分類。その後、生活に関するさまざまな状況を質問し、回答を比較することで質の高い睡眠が生活に与えている影響を分析しました。

 女性には「朝の化粧のノリはよいですか」を質問。「満足層」は「よい」「まあよい」を合わせた割合が55.7%。「不満層」では、「あまりよくない」「よくない」を合わせた数が31%となり、出現率が1.79倍という結果が出ました。

 美しさの実感と睡眠には深い関係がありそうですが、冬の快眠対策として、何に気をつければいいのでしょうか?

 まず、寝室の温度ですが、適温と言われているのは18℃くらい。湿度は50%くらいがいいそうです。寝る前に部屋を暖めておいて、寝るときには暖房は切って。これは温度が高くなりすぎず、乾燥を防止する意味もあります。

 また、寒いからといって厚着をして寝るのもNGです。スウェットやトレーナーなどの厚めの生地の部屋着は、実は寝るためには向いていません。布団から出たときにちょっと肌寒さを感じるくらいがちょうどよいので、冬でも比較的薄手なシルクや綿素材のものがおすすめです。

 寒さが気になるようなら、シーツをネルなどの起毛素材のものに変えてみるといいでしょう。これなら、布団に入ったときに「冷たい…」と感じることがなく、快眠への入り口へといざなってくれるはずです。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。