ヘルスケア・ダイエット

疲れの原因は「FF(ファティーグ・ファクター)」? 年末に実践したい「疲労回復法」

 年の瀬も押し迫り、今年1年の疲れを感じている人も多いかもしれません。疲労は身体や精神からのSOSサイン。疲れが増してくると気力も低下して、蓄積すれば思わぬ病気を招くこともあります。「疲れたな」と感じた段階で、疲労を回復するように心がけたいですね。

 これまで疲労の原因は、はっきりとはわかっていませんでした。しかし近年、「FF(ファティーグ・ファクター)」と呼ばれるたんぱく質が、疲労の原因物質であることが解明されたそう。このFFは、肉体的な疲労と精神的な疲労の両方で増えることがわかっています。

 FFが体内で増えると、脳に疲労の信号として届いて疲れを感じるようになり、細胞の働きも低下。蓄積すると、細胞死が促進されて、生活習慣病などの原因になると考えられています。

 一方、FFの力を弱める「FR(ファティーグ・リカバー・ファクター)」という物質も発見されています。疲労回復のカギを握るこのFRは、FFが発生するとつくられる性質があるそうです。そのため、ジョギングなどの運動で軽く疲労を感じた後、休息をとるといいとか。また、ぬるめのお湯での10分程度の入浴でも、FRを出すことができると言われています。だから、就寝前の入浴はおすすめ。疲労回復に欠かせない良質な睡眠にもつながるから、一石二鳥と言えます。

 FRそのものを増やすには「イミダゾールジペプチド」という抗酸化成分が有効です。イミダゾールジペプチドは、鶏の胸肉に豊富なほか、カツオやカジキなどの赤身の魚にも含まれています。効率よく摂取するには、コトコト煮込んだスープがよいでしょう。とくに鶏胸肉は低脂肪のヘルシー食材なので、美容の観点からもいいですね。

 そのほか、「青葉アルコール」「青葉アルデヒド」という成分を含む緑の香りにも、疲労回復効果があることがわかってきているので、緑の多い場所へリフレッシュに出かけてみては?

 こうした知恵で上手に疲れを回復して、元気に新しい年を迎えましょう!

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。