ヘルスケア・ダイエット

「善玉菌」vs.「悪玉菌」 各々の働きを知って腸内環境を整えよう!

「善玉菌」vs.「悪玉菌」 各々の働きを知って腸内環境を整えよう!

 「善玉菌」「悪玉菌」という言葉を耳にしたことのある人は多いでしょう。ただ、名前は知っていても、実はよく知らないという人もいるのでは?

 「美容と健康の要」とも言われる腸の中には、およそ100種類、100兆個もの腸内細菌が存在すると考えられています。これらの腸内細菌は、「善玉菌」「悪玉菌」、腸の状態によってどちらにも変わる「日和見菌」の3つのグループに分かれます。

 善玉菌は、腸のぜん動運動を活発にして排便を促すほか、免疫力を高めるなどして、身体の健康を守ります。代表的なものには、ビフィズス菌や乳酸菌などがあります。一方、悪玉菌は、腸のぜん動運動を鈍らせるほか、腸内で腐敗物質や毒素、発がん物質などをつくり出すそう。代表的なものには、ウェルシュ菌や大腸菌などがあります。

 腸の中では、善玉菌と悪玉菌が常に勢力争いをしているので、善玉菌が優位になるよう、腸内環境を整えていきましょう。

 善玉菌を増やすのに有効なのは、ビフィズス菌や乳酸菌を含むヨーグルトや納豆、みそ、漬物などを食べること。善玉菌は継続してとると効果を発揮するので、これらの食品を毎日食べる習慣をつけたいですね。善玉菌の栄養源となるオリゴ糖や食物繊維が豊富な食品も合わせてとるといいでしょう。オリゴ糖は大豆、玉ねぎ、ごぼう、アスパラガス、にんにく、バナナなどに、食物繊維は豆類、海藻類、きのこ類などに多く含まれています。

 肉を食べる機会が多く動物性たんぱく質や動物性脂肪をとりすぎると、悪玉菌が増えてしまうそう。悪玉菌が増えると、腸の活動が鈍くなって、便秘や下痢、おなかの張りなどが表れます。また、悪玉菌の毒素は、治りにくいニキビや肌あれ、口臭などの原因にもなるとか。

 善玉菌は、適度な運動やリラックスを心がけることでも増やせるので、食習慣と同時に生活習慣の改善もしていけるといいですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。