ヘルスケア・ダイエット

冬こそウエストラインを強調した着こなしで“ゆるみ”予防!

冬こそウエストラインを強調した着こなしで“ゆるみ”予防!

 身体のラインがあまり出ない冬のファッションのおかげで、この時季はついついボディーラインがゆるんでしまいがち。これは春になって戻すのがたいへんなので、日頃からの注意が必要ですよね。

 とくにゆるみがちなのが、お腹まわり。ニットや重ね着などでウエストまわりが隠れてしまうから、つい油断してしまう気持ちもわかります。そんなときこそ、お腹がゆるむことをゆるさないファッションをすればいいんです。

 そこで、ファッション誌で活躍するスタイリストの松島紀子さんに、ウエストを意識したファッションのポイントを聞いてみました。

「今年はふんわりシルエットのフレアスカートや、タイトなペンシルスカートが大ヒット。いつもなら、ニットやシャツなどのトップスはボトムインしないで着こなすところですが、インして着こなすのがおすすめです。たるんだお腹では似合わないファッションなので、自然とお腹が引き締まり、ゆるみを許してくれないと思います」

 ペプラムトップスやウエストベルト付きのコートなど、ウエストを強調するアイテムもおすすめとか。

「ウエストラインがしっかり出ると、常にお腹に緊張感が生まれるので、着ているだけでエクササイズにつながります。ウエストにくびれをつくってくれるアイテムがない場合は、ベルトを使うだけでも十分。コートやワンピースなどにベルトをプラスするだけで、ウエストを強調する着こなしにチェンジしてくれます」

 目立ちにくい季節だからこそ、気をつけたいウエストまわり。強調する着こなしテクニックで、冬でもゆるみ知らずのお腹をキープしましょう。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。