ヘルスケア・ダイエット

自覚症状のない「隠れ冷え性」 簡単チェック法をご紹介

自覚症状のない「隠れ冷え性」 簡単チェック法をご紹介

 コートが手放せない季節になって、“冷え性対策”が気になりはじめた人もいるのではないでしょうか? その一方、「冷え」についての感覚は個人差もあるため、自分が冷え性かどうかよくわからずにいる人も多いと聞きます。

 実は、「体の手足がいつも冷たい」などの明確な自覚症状のない人の中にも、内蔵の温度が低い“隠れ冷え性”タイプの人もいるそう。内蔵の冷えは冷たいという感覚がないため、そのまま冷えつづけ、内蔵機能が悪くなったときに初めて自分が冷えていたことに気づくケースが圧倒的なのだそうです。

 自覚症状のない冷え性かどうかを判断するために、次の項目の中で思い当たるものがあるかどうかチェックしてみましょう。1つでもあれば、隠れ冷え性タイプの可能性があります。
●手足にむくみがある
●肩こりが激しい
●顔色が青く、よくない
●胃や腸の調子が悪く、よく下痢をする
●肌にくすみ、シミ、ソバカスなどがよくできる
●朝起きるのがとてもつらく、寝つきもよくない

 ほかに、生活の中で確認できる習慣として、朝起きたときに、太ももやお腹を触ってみて、脇の下の温度と比べてみるというやり方があります。太ももやお腹のほうが冷たかったら、それは冷え性のサイン。この部分は本来ならば、身体の熱が最もよく生産される温かい場所です。ここが冷たいということは、血液の流れが滞っていて、冷え性を起こしているということになります。

 自分自身で積極的に気をつける必要のある、自覚症状のない冷え性。身体や体調をきちんと確認しながら、注意して対策を練っていきたいものですね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。