ヘルスケア・ダイエット

身体の不調をリセット 自宅で実施するプチ断食方法

身体の不調をリセット 自宅で実施するプチ断食方法

 新年は、新しい習慣を身につけるのに最適な時季。年末年始の暴飲暴食で体がだるい、体型が気になるという人はこの機会に、不調をリセットするために"プチ断食"を試してみませんか?

 自宅でもトライできる方法をご紹介しましょう。きれいな水をやかんで10~15分沸かしてつくる白湯(さゆ)を中心にした断食メニューです。断食といっても、食事を抜くのは1日のみで、前後の日は調整にあてます。

 1日目は、昼から軽めの食事(お粥など)にして、夜は白湯のみをいただきます。断食本番となる2日目は、朝、昼、晩とすべて白湯にして、合計1~2Lを目安に摂取します。そして、最終日の3日目は、朝は白湯で、昼からお粥、夜は通常食へと徐々に復食していきます。

 ちなみに、3日目の夜の食事は、久しぶりの食事で身体に負担がかかりすぎないよう、体調をみて、お粥にするというような判断も必要になってきます。いずれの場合も無理はせず、慎重に行うことを心がけましょう。

「食事を抜くなんてありえない!」と思う食いしん坊さんにとっては、最初はつらく感じてしまうでしょう。しかし、消化器系を動かさない時間をとることは、身体の奥の疲れがとれ、身体が軽く感じられることもあるそうです。

 正月太りのためだけでなく、年間を通して外食が多いという人は定期的にこの"プチ断食"を行うといいかもしれません。目安は季節の変わり目など、年4回ほど行うこと。季節ごとに自分の体調を見直す機会としてトライしてみてはいかがでしょうか?

 プチ断食中は、食べ物のことばかり考えないようにリラックスできる方法をあらかじめ考えておくのもおすすめです。癒やされる香りの入浴剤でバスタイムを楽しんだり、気になっていた本を読んでくつろいだり。また、どうしても白湯だけではつらいという人は、お気に入りの酵素ドリンクや手作りのジュースなど、身体に負担のかからないものを飲むなど、適度にカロリーを摂取してもかまわないそうです。

 いかがですか? 今年はプチ断食を生活に取り入れて、自分の健康を見つめる時間をもってみては?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。