ヘルスケア・ダイエット

女性に多い外反母趾(がいはんぼし) セルフケアで「素足美人」を目指して!

女性に多い外反母趾(がいはんぼし) セルフケアで「素足美人」を目指して!

 現代女性が抱える足の悩みのひとつが外反母趾(がいはんぼし)です。

 外反母趾とは、足の親指がくの字に曲がってしまい、つけ根の関節が外側に大きく突き出す病気のこと。外反母趾になってしまうと「親指のつけ根が痛い」「ぴったりと合う靴がない」といった悩みにつながり、日常生活に支障をきたしてしまいます。

 一般的に外反母趾かどうかの判断基準は、どれほど痛むかという度合ではなく親指の傾きによって診断されます。親指の傾いている角度が20~30度で軽度、30~40度で中度、40度以上になると重度の外反母趾として診断されるそう。傾きが大きいからといって、痛みがひどいというわけでもないのだそうです。

 外反母趾になってしまうのは、親指のつけ根に集中的に圧力が加わってしまうことが原因と言われています。とくに女性はハイヒールや先のとがった靴を履く機会が多いことから、外反母趾になりやすいと考えられていますが、理由はそれだけではありません。

 たとえば、歩き方。ドタバタと足裏全体に体重を乗せる歩き方をしてしまうと、指先を使わなくなるため脚の筋肉が落ちてしまい、外反母趾を悪化させてしまう原因に。また、きつい靴を履くのもよくありません。指先が縮こまってしまうようなきつめの靴を履くと、同じく足の指を動かす筋肉が使われないため、症状を悪化させてしまう可能性があるのだそうです。

 軽度の外反母趾をケアするためには血行をよくし、足先の筋肉を柔軟にするマッサージや、筋肉を鍛える“つま先立ちエクササイズ”などが効果的。また、指先がのばせる靴をチョイスするのも大切なポイントです。つま先が細くなりすぎず、足の甲やかかとがしっかりと収まるものなら足への負担が少なくなります。

 それでも痛みが軽減しない場合は、一度お医者さんに診てもらうのが安心。セルフケアや治療で、素足美人を目指してくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。