ヘルスケア・ダイエット

冬なのに夏バテみたいな症状が出ていない? 自律神経の働きに注目

冬なのに夏バテみたいな症状が出ていない? 自律神経の働きに注目

 暑さのせいで食欲がなくなったり、なんとなく身体がだるかったりと悩まされてしまう人の多い夏バテ。けれど、同じような症状が冬にも起こってしまうことがあるそう。一体どういうことなのでしょうか。

 原因のひとつに、寒さで血のめぐりが悪くなっていることが挙げられます。血行不良が「冷え」につながることはよく知られていますが、冷えは頭痛や肩こり、むくみを引きおこしやすく、免疫力も低下させることから身体のだるさにつながることも。風邪を引きやすい状態になってしまっている場合もあるので、注意が必要です。

 またこの時季は屋内外の気温差が激しくなることから、自律神経の機能が低下することも原因と考えられます。自律神経とは呼吸や消化、汗の分泌など、人間の生命維持機能を調整してくれるという大切な役割を担っています。ただ、この自律神経は極端な気温の変化に弱く、乱れてしまうと身体がだるさや不眠、食欲不振を招き、気分がふさぎこみがちになってしまうのだそうです。

 これら夏バテに似た症状を防ぐためには、冷え対策をすることはもちろん、規則正しい生活をするのが大切なポイント。自律神経の乱れを正すには、体内環境を整えるのが第一の近道だからです。

 また、なかなか汗をかかない冬場だからこそ、水分補給をすることも大事。エアコンの効いたオフィスなどは乾燥しがちで、外気との温度差も激しいことから、体温調節をするために実はかなりの量の水分が体内から抜けてしまっている場合も。水分補給の量が増えれば、尿や汗として体内の老廃物を排出しやすくなりますから、健康な身体を維持しやすくなるという仕組みです。

 最近なんとなく身体の不調を感じていたら、"バテ"の症状がでていないかチェックしてみてくださいね。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。