ヘルスケア・ダイエット

納豆やきのこで…腸から美肌を目指す「菌活」を始めよう!

納豆やきのこで…腸から美肌を目指す「菌活」を始めよう!

 みなさんは食生活が乱れて、肌あれをした経験はありませんか? 「肌は内臓の鏡と言われるほど、食事は肌の状態と深く関係があります」とは、きのこを製造・販売するホクトの管理栄養士の坂本彩さん。

 できれば毎日、肌にいい食事をとりたいものですが、坂本さんがおすすめするのは「菌活」。菌活とは、美容や健康のためにヨーグルトや納豆、きのこなど菌が含まれている食材を、積極的に取り入れていく食事方法のことです。

 わたしたちの腸の中には、どのくらいの数の細菌があると思いますか? その数なんと、100兆個。体重にすると約1キログラムなのだそうです。坂本さんによると、この腸内細菌のバランスが重要だそう。

 最もいいバランスは、善玉菌が2、悪玉菌が1、そのどちらでもない日和見菌が7と一般的に言われています。けれど、食生活が乱れたり、睡眠時間が短かったりすると悪玉菌が増えてしまうため、現代人はいいバランスを保つのが難しいのだとか。

「悪玉菌が増えると、おなかの中に悪い毒素をつくってしまいます。毒素をたくさん吸収してしまうと、肌にも毒素を送り、肌あれの原因に。悪玉菌をおさえるためには、善玉菌をしっかり保つことが必要。そのために、菌活がおすすめの食事方法なんですよ」(坂本さん)

 みなさんも、今日から意識して食事に「菌」を取り入れてみてはいかが?

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。