ヘルスケア・ダイエット

睡眠不足は食欲増進の原因? スリープマスターが解説する「睡眠と身体の関係」

睡眠不足は食欲増進の原因? スリープマスターが解説する「睡眠と身体の関係」

 眠っている間は意識がないので、「何もしていない時間」だと思っている人も多いのでは? けれど、寝具メーカー・西川産業のスリープマスター・長谷川夏美さんは「睡眠時間が健康や美容に与える影響は大きい」と言います。

 眠っている間、身体の中ではどんなことが起こっているのでしょうか?

 まずひとつ目は、「成長ホルモンの分泌」。眠りが足りないと、なんとなく肌の調子がよくないと感じたことはないでしょうか? 「それは、肌のターンオーバーがうまくいっていないということ。眠っている間に多く分泌される成長ホルモンは、奥深く生まれた細胞をいちばん前に押し出し、肌を生まれ変わらせる働きをします」

 しっかり寝ることは、美肌への第一歩なのですね。肌だけでなく、髪の毛や爪のターンオーバーも同様だそう。

 成長ホルモンが多く分泌される時間帯は、夜10時~深夜2時の「シンデレラタイム」と呼ばれる4時間。「なかでも、分泌のピークは深夜2時です。このときに深い眠りについていたいので、2時に布団に入るのでは遅いですよね。生活スタイルを変えるのはなかなか難しいですが、遅くとも深夜0時就寝を目標にしましょう!」(長谷川さん)

 ふたつ目は、「食欲をコントロールするホルモンの分泌」。「眠りが足りないと、食欲を欲するホルモンが脂っこい、カロリーの高いものを欲するようになります。ダイエットしたのに効果がないというときは、もしかすると睡眠時間が少ないのかもしれません」と長谷川さん。

 以上のような身体のメンテナンスのほかに、睡眠は頭と心が休まる大事な時間。長谷川さんは、「ストレスが溜まると、それを解消するために暴飲暴食するなど、身体に負担をかける行動をとってしまいがち。でも、寝ている間は心もしっかり休みます。何か嫌なことがあった日は早めに布団に入ってくださいね」とアドバイスしてくれました。

 ストレス解消にも、ぜひ睡眠を役立ててください。

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co. 編集部

Beauty & Co.

Beauty & Co. 編集部は好奇心旺盛! おいしいトレンドスイーツから、季節のお化粧方法まで、あなたの代わりに世の中のトレンドを追いかけて、いろんなことを紹介します!

この記事を気にいったらいいね!しよう
Beauty & Co.の最新の話題をお届けします。